経済

日本首相、軍事力強化の約束

岸田文夫(Kishida Fumio)首相は日曜日、日本の海軍力と軍事力を強化すると約束し、国家は侵略者に対抗する準備をしなければならないと警告した。

岸田首相はまたロシアのウクライナ戦争を糾弾し、北朝鮮の最近大々的なミサイル試験発射を糾弾した。

岸田首相は日本の国際艦隊の検討で「行為者が規則を破り、武力や脅威を使って他国の平和と安全を破壊する時代に備えなければなりません。

この指導者の発言は、日本が5年以内に国防費を倍増する安保計画の草案を作成している中で出てきたのです。 これは、平和憲法が軍事力を制限する日本で大きな変化を意味します。

岸田首相は「すべてのオプションをテーブルに載せ、私たちの国民を守るために必要なものが何であるかについての現実的な議論を加速するだろう」と話した。

彼は「新型艦艇の乾燥、ミサイル防御能力の強化、労働条件の改善、人材に対する補償など(日本海軍能力の)強化は待つことができない」と話した。

彼は中国を取り上げなかったが、「中国が日本をはじめとする諸国と領有権紛争で強硬な立場をとっている東シナ海と南シナ海をはじめとする韓国を取り巻く国家安全保障環境がさらに深刻になっている」と話した。

岸田首相は日本が軍備支出の透明性を保障するだろうと付け加えた。

彼は「日本は(第二次世界大戦)終戦後にやってきたように、平和主義国家としての道を維持するだろう」と話した。

艦隊レビューは、東京南部の相模湾で日本とオーストラリア、インド、アメリカを含む12カ国の船舶を集めました。

韓国も7年ぶりに参加した。 日本と韓国が緊張関係を改善するために努力しているからだ。

READ  ミャンマー混沌の危険の兆候を注視する日本企業の注意

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close