トップニュース

日本首相、NPT confabで核のない世界推進に推進力を追加

岸田文雄日本首相は11日(現地時間)、国連核拡散禁止条約の再検討会議に参加し、ロシアがウクライナで戦争を繰り広げている中、核兵器のない世界に向けた国際的な努力に弾力を加えると述べた。

日本首脳では初めて会議に出席することになる岸田首相は核兵器を使用してはならないと強調し、核保有国が武器庫の透明性を高めるよう促すと予想されます。

「核兵器のない世界を実現するための世界的な勢いが大きく減っている。私は(会議に出席することで)この傾向を覆すつもりだ」と岸田はニューヨーク会議に出発する前に彼の官邸で記者たちに語った。

岸田文夫日本首相が2022年7月31日、東京羽田空港で手を振っている。 スピーチ。 (刑務所)==刑務所

長崎とともに第二次世界大戦中、米国が投下した原子爆弾で荒廃した広島の選挙区で選出された木田は、核のない世界のための自分のビジョンを最優先課題と考えます。

そして核攻撃の恐怖を経験した唯一の国家の指導者として、彼は核保有国と非核国家との間の橋の役割をしようとします。

核拡散禁止条約(NPT)の運営を検討するための今後の会議は、ロシアの核脅威が警告を引き起こし、ウクライナでの戦争の終わりの兆しがほとんど見られない後に行われます。

政府消息筋によると、首相は核のない世界に向けた努力の一環として、全世界の若者が日本二都市を訪問して荒廃した状況について学ぶことができるように国連基金を設立する計画を発表する予定だと政府消息筋が伝えた。

ニューヨークを訪れる間、岸田首相はアントニオ・グテフス国連事務総長と会談を行い、NPT条約に非核国家を含む12の加盟国からなる非拡散及び軍縮イニシアチブの外務大臣会議に参加する予定だ。 日本、オーストラリア、カナダ、ドイツ、トルコ、アラブ首長国連邦。

2015年に開催されたNPTレビュー会議は、参加者間の意見の結果、結果文書なしで終了しました。 当時、外務相を過ごした岸田は金曜日の刑務所通信とのインタビューで、今回はすべての国が同意できる文書を持つことが「理想的」であると述べた。

5年ごとにレビューが行われ、最新ラウンドは2020年に予定されていますが、COVID-19感染症のために延期されました。 会議は月曜日から8月26日まで行われます。


関連する適用範囲:

日本首相、若者が原爆恐怖について学べる資金を公開

国連軍縮シニア、NPT体制の再確認が必要

日本、NPT検討会議で核兵器削減の推進


READ  ポートランド美術展は日本に由来する太平洋北西部の花が好きなスポットライトを受け取ります。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close