経済

日本首相の慎重な方針は、潜在的な長期統治を確立する。

東京(AP) – 岸田文夫(Kishida Fumio) 日本首相は8ヶ月前に執権した時、長くできないようだった。

彼は優しいが、牛乳不断でパーティーヘビー級に服従しているようだった。 多くの人々は、彼の短命の前任者と同様に、彼は数ヶ月間の感染症の制限と経済的心配で打撃を受けた人々を説得する任務を遂行できなかったと信じていました。

しかし、最近の人気が急上昇し、7月の選挙で勝利を収め、中断のない権力を長期間維持する可能性があります。 これは、多くの過去の首相が比較的短い任期を持っていた国で言うことです。

彼の驚くべき成功の秘訣は?

彼はほとんど安全に行動し、議論の余地がある政策目標をしばらく保留することで独裁者と見られ、世論に関心を傾けないなど前任者たちに不利なミスを避けました。

彼はまた、ファンデミックに対する公衆の懸念を和らげ、グローバル紛争に対する懸念が高まるのを助けました。 専門家たちは、幸運が合わさって、数十年にわたる経済・安全保障危機から日本を救出する機会を持つ安定した賢い指導者の普及したイメージを作成したと言います。

彼の支持率が現在の60%を超え、最初の執権当時の40%をはるかに上回っている状況で、日本の野党の持続的な弱さに支えられ、来月の選挙で彼の自民党が強力な勝利を収めることが確実に見えます。 これは再び彼を権力から追い出すことができる別の選挙なしで最大3年を意味します。

東京大政治学科教授の内山裕は「岸田首相が執権当時大きな期待をしなかったため、普段のように安全な巡航をするだけでも安定して見える」と話した。 「しかし、安定した姿だけでは人気を維持することができず、彼の成功の可否は岸田さんが変化する状況に柔軟に対応するかによって決まります。」

長年にわたって執権すれば、岸田首相は、日本の急速な高齢化、急速な人口減少、経済、議論となる憲法改正などの長期的な問題に集中できるはずです。 戦争放棄条項9条がぼやけるか心配する人々。

Kishidaの継続的な成功は、特定のパフォーマンスを提供することに依存しているとアナリストは言います。 これまで、彼の行動は主にファンデミックと世界の紛争への対応であり、彼の政策目標に対して曖昧な状態を維持していました。

岸田が執権したときの連合に対する大衆の支持は、悪化する伝染病と密かに心配な大衆にもかかわらず、東京オリンピック開催にこだわり、その後執権した前任者の菅が吉秀によって大きく打撃を受けました。 約1年ぶり。

岸田の現在の高い指導は、一部のロシアのウクライナ侵攻と海外批評家が外国人嫌悪症として描写した厳格な国境管理を含む、彼の慎重なCOVID-19措置に対する彼の強力な対応の結果です. 新しいケースの減少は、外国人観光客への漸進的な再開の発表と同様に、彼の支持をさらに強化しました。

日本はこの地域で中国と北朝鮮の主張が大きくなることを懸念しながら、米国とのより強力な同盟と韓国との関係回復を促しました。 。

ロシアのウクライナ侵攻は、中国が自国の領土だと主張する自治道である台湾に対する中国の攻撃で、日本が戦争に巻き込まれる可能性があるという日本の恐怖が高まった。 これは日本の軍事費支出と防衛力を強化しようとする岸田の計画に対する支持の急増を促した。

岸田首相は去る金曜日、シンガポールで開かれたアジア安保フォーラムであるシャングリラ対話で「今日のウクライナは明日の東アジアになることができる」と話した。

先週、日本の内閣は、国防能力と支出を大幅に強化することを要求する年間政策計画を承認した。 管理者は、台湾への緊張が高まっており、NATO加盟国がGDPの1%を少し超える日本の現在の軍事費支出の2倍の2%の国防費を支出すると約束したことを引用しました。

それは先制打撃能力と宇宙、サイバーおよび電磁防御、無人武器の開発と強化を要求する。 批評家たちは、これは戦争放棄憲法による日本の自衛的政策を超えた大きな変化だと言います。

岸田政府はまた、中国のセキュリティを強化するため、機密部門の日本企業に対する監督を強化し、日本の技術を保護し、重要なサプライチェーンを強化する法案を承認した。

最近のコメントで、自由主義性向の朝日新聞は、岸田政府に日本の軍事力を強化するために「ウクライナ危機を資本化」しないと警告しました。 莫大な国家負債を抱えている日本は中国と軍事的に競争することができず、代わりに「外交を通じた抑制に集中」しなければならないと明らかにしました。

自分をよく聞いたキシダは、分裂の問題で党内内分を避けた。 議会と記者会見で、彼は難しい質問に辛抱強く耳を傾け、しばしば対立と明確な政策宣言を避けます。

これは彼の包括的なイメージには役立ちますが、彼の原則と政策目標をぼかします。

キシダは、最初に「新しい形の資本主義」と呼ぶ彼のコア経済政策の一部として、より良い富の分配を要求したが、その後、より多くの財政支出に基づく成長戦略に切り替えた。 未来の権力掌握。

NLI Research Instituteの上級エコノミストであるYashihide Yajimaは、「岸田政権は強力な成長戦略を必要とし、7月の選挙後に具体的な措置を提示できるかどうかが彼の成功の鍵となるだろう」と述べた。

READ  ホンダ高音1100のリリースにロー&ロングのスタイルの大型クルーザー| 応答(Response.jp)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close