日本首相は、より多くの保育支出資金を調達するために税引きを排除

Estimated read time 1 min read





岸田文夫日本首相が2023年5月22日、東京で開かれた政府パネル会議に出席している。 (刑務所)

首都首相は月曜日、政府の消息筋が日本の児童政策予算を倍増する目標が早期に設定される可能性が高いと言われており、出産率の下落に対処するために計画された保育支出増額資金を調達するための税引きを排除しました。 2030年代。

岸田氏は、出産減少を「国家的危機」とみて子育て支援を強化することに優先順位を置いています。 彼は、日本が2030年以前に下落傾向を反転させることができるかどうかが重要だと述べた。

政府は、子どもや家族関連の問題を扱う新しく発足した機関のために、2023年度に割り当てられた約4兆8千億円の現在の主予算を2倍に増やすと、年間約5兆円(360億ドル)の追加資金を確保する必要があります。

争点は日本の財政健全性がすでに先進国のうち最悪な状況でどのように財源を確保するかだ。

岸田は政府パネル会議で「低出産問題に対処するために必要な財源を確保するために消費税の引き上げを含め、より多くの税負担を要求することは原則的に考慮しない」と述べた。 資金オプションを議論するメンバー。

政府はまず、他の分野への支出を見直し、子育て支援の強化に必要な資金を投入できる堅固な財政基盤を備えるために経済をより頑丈にすることに集中しなければなりません。

岸田は「徹底した支出検討を通じて庶民が負担する負担を最大限減らさなければならない」と付け加えた。

検討中ののは、年間約3兆円の支出増加分の一部をカバーするために社会保険寄与金を増やすことだと消息筋は言いました。 政府はまた、児童関連支出のための資金を特別に管理するために、国家予算に新しい特別勘定を作成することをスケールしています。

予算2倍達成時期は6月に政府戦略に含まれると思われると消息筋は付け加えた。

岸田内閣に対する国民的支持が回復している中、増税問題は国民の反発を呼び起こす敏感な事案に解決される。

日本はまた、今後5年間で合計43兆円が予想される国防費支出を大幅に増やす計画です。

Kishidaは、政府が印象の一部をカバーするためにタバコやその他の税金をいつ引き上げるかを決定する必要があります。

READ  日本の2011年津波、そしてそして今 - 写真で| 日本の災害
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours