日本首相は秋頃に新たなインフレ緩和策を策定すると発表した。

1 min read

岸田文夫首相は金曜日、政府は今年の秋に新しいインフレ緩和策を策定し、生活費危機を克服するために苦労している低所得世帯に現金支援を提供すると述べた。

この支援は、キシダが家計費を削減するために維持することを約束した政府補助金に加えて行われます。 彼が給与引き上げによる富の再分配を強調したにもかかわらず、物価の上昇は消費者にとって大きな負担となりました。

今回の発表は、岸田首相が政治資金スキャンダル処理とインフレ打撃経済に対する有権者たちの不満が大きくなる中、内閣に対する大衆の支持を強化するために安心力をかけている中で出たものです。

執権自民党の代表でもある首相は、すぐに総選挙のために下院を解散するという推測をこれまで一蹴しました。

岸田文夫日本首相が2024年6月21日、東京で150日間の定期国会が事実上終了した後、記者会見をしている。 (刑務所)==刑務所

岸田首相が公開した計画により、政府は夏関連エネルギー需要が増加する傾向がある8月から10月まで、家具の電気及びガス料金を抑制するための支援を再開する予定だ。

小売ガソリン価格の上昇を制限するために、石油卸売業者に提供される政府補助金は年末まで維持される。

岸田首相は年金世帯や中小企業など脆弱階層に接近するための政府支援の必要性を強調した。

彼は、予想される現金支援金やその他の措置に対する資金調達方法を具体的に明らかにしなかったが、政府の消息筋は来年3月に終わる今年の事業年度に追慕編成を検討すると述べた。

岸田氏は、150日間の定期国会会期が事実上終了することを記念するため、記者会見で「インフレが依然として上昇しているため、疎外される可能性のある人々に対する支援を考慮しなければならないだろう」と話しました。

彼は「ガソリン、電気、ガス補助金の提供は脱炭素化に向けた私たちの動きに反して永遠に持続できない。 しかし、物価上昇が地域経済と低所得層に直撃弾をかけたため、今回だけ維持している」と付け加えた。

日本のインフレは、中央銀行が積極的に金利を引き上げた米国のような他の国に比べてはるかに遅かった。

日本の物価上昇の大半は、円安が悪化した輸入エネルギーや原材料価格の上昇によるものです。

消費者インフレは日本銀行(BoJ)の目標である2%に達したかそれ以上でした。 金曜日に発表された政府資料によると、5月には変動性の大きい新鮮食品を除けば前年同期比2.5%上昇しました。

金曜日の記者会見で、岸田首相は新しいエネルギー関連措置が月間消費者価格を平均0.5%ポイント以上下げるように設計されると述べた。


関連プレス:

日本の新しい政策青写真は賃金引き上げとデフレ終息を目指しています。

日本国会、定期国会仕上げ、首相再選出馬注目

岸田内閣、資金スキャンダル不信任発議で生き残る


READ  Japan Fes Food Festivalは4月9日にNYCのChelseaに戻ります。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours