トップニュース

日本首相は50億ドルで、発展途上国のCOVID対応を支援すると約束しました。

岸田文夫首相は、木曜日のコロナ19ファンデミックを解決するためのグローバルサミットで、日本が50億ドルの累積支援で発展途上国のコロナウイルス対応措置を支援すると述べた。

映像メッセージで、岸田首相は、日本がワクチン接種を継続して奨励し、世界が感染症の終結を見ることができるようになると述べた。 同時に、日本は、将来の感染症に備えて世界保健システムの強化に役立つと約束した。

岸田文夫日本首相が2022年5月11日新種コロナウイルス感染症(コロナ19)ファンデミックの中でマスクをかけたまま東京首相室に到着している。 (刑務所)==刑務所

ベリーズ、ドイツ、インドネシア、セネガルと共に行事を共同主催した米国政府によると、2回目に開かれる今回の会談で、合計30億ドル以上の新たな財政的約束が行われたという。

日本の50億ドルの支援には、国連主導のCOVAXワクチン共有計画への財政的寄付が含まれます。 Kishidaは、日本が日本の国際協力機構を通じて最大2億ドルを提供し、アフリカでワクチンおよび医薬品の現地製造能力を向上させると述べた。

今回のサミットは、脆弱な人々がワクチン、検査、治療にアクセスできるようにし、将来の健康危機を防ぐために開催されました。

北田は「日本は今後数カ月間日本が主催するイベントを通じて普遍的な健康保障を達成するための国際的な努力を続けるだろう」と述べた。

オーストラリア、インド、日本、米国で構成された「クワッド」グループの指導者たちは今月末の会議を行う予定であり、日本は来年ドイツで開かれるG7(G7)国家議長国を買収する予定だ。

サミットでは、米国は世界銀行に新たな感染症のコントラストと世界的な健康保障基金を作成するための初期貢献をさらに2億ドル増やし、合計4億5千万ドルを約束しました。

ホワイトハウスは同日、米国がコロナ19で100万人が命を落とした暗いマイルストーンを立てたと発表した。 これは他のどの国よりもはるかに多いです。

READ  水泳 - 6人のポーランド水泳選手が行政誤って日本で家に送られました。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close