トップニュース

日本首都の消費者インフレが33年ぶりに最高を記録しました。

東京、10月28日(ロイター) – 日本首都の核心消費者物価は10月全国数値の先行指標で前年同期比3.4%上昇したと金曜日のデータが示した。 圧力。

ボラティリティの高い新鮮食品を除き、原油価格を含む東京コア消費者物価指数(CPI)の上昇は市場予想値の3.1%を上回り、9月には2.8%上昇しました。

したがって、東京地域のインフレは5ヶ月連続の中央銀行の目標値である2%を超えました。

このデータは、日本の銀行が金曜日の後半で終わる2日間の政策会議を招集したものです。 この会議では、インフレ予測は修正されていますが、脆弱な経済回復を支えるために金融政策を非常に緩やかに保つことが予想されます。

黒田春彦BOJガバナーは、最近のコスト引き上げインフレが一時的であることが判明する可能性があるため、銀行は超低金利を維持しなければならないと繰り返し言いました。

Takahiko WadaとLeika Kiharaの報告。 キム・チャンラン、サム・ホームズ編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本政府ウクライナ首都キエフの日本語スペル変更

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close