日本首都圏インフレ加速化、BOJ金利引き上げの可能性を維持

1 min read

れいかきはら

東京(ロイター) – 金曜日に発表された資料によると、日本の首都の核心物価上昇率は、燃料価格の上昇と円安の輸入コストの増加で6月に加速され、中央銀行が短期的に金利を引き上げるという予想が維持されている。

別の資料によると、自動車メーカーが出荷中断から回復し、5月に全国の工場生産量が反騰し、政策立案者たちに経済が適度な回復軌道に上がったという希望を提供しました。

アナリストたちは、円安のコスト圧迫により、今後数カ月間のインフレが2%目標を上回る可能性が高まっているため、これらのデータは、日本銀行(BOJ)が今月中に金利を引き上げる可能性を高めるのに役立つになると言いました。

全国数値を代表する先行指標とされる東京の核心消費者物価指数(CPI)が6月に前年比2.1%上昇し、これは配信の1.9%上昇より加速され、市場予測である2.0%上昇を上回った数値です。

日本銀行が幅広い価格トレンド指標で注意深く見守っている新鮮食品と燃料コストの影響を除いた別途指数も5月に1.7%上昇したのに続き、6月にも1.8%上昇しました。

キャピタル・エコノミクスのアジア太平洋地域責任者であるマルセル・ティエリアントは、CPIで産業製品の価格が急騰したことは、日本銀行が提起した輸入コストの上昇が過去よりも速いペースで転移しているという懸念が立証されたと見られたと述べた。

彼は「最近のインフレデータは、中央銀行が7月の会議で政策金利を追加引き上げるという私たちの見解と一致する」と述べた。

東京のサービスインフレも5月0.7%から6月0.9%に加速した。 これは企業が価格引き上げを通じて人件費の上昇を引き続き転換しているという兆候であることが分かった。

金曜日に発表された資料によると、経済に明るい信号で日本の工場生産量が配信比5月に2.8%増加し、自動車生産の急激な反騰に支えられ、市場予想値である2.0%増加を超えたという。

メーカーは6月の生産量を4.8%減らした後、7月には3.6%増えると予想しているが、これは4~6月の生産量が第1四半期の生産量を超える可能性が高いことを意味すると政府関係者がデータブリーフィングで述べた。

日本経済は企業と家計の支出の減少により第1四半期に萎縮し、中央銀行の適度な回復見通しに疑問を呼び起こしました。

アナリストたちは今四半期に成長が反騰すると予想していますが、円安は燃料と食品の輸入コストを高めて家計情緒を圧迫しています。

日本銀行(BOJ)は、3月に8年間維持されたマイナス金利と急進的な通貨刺激策の他の残余を終息させ、2%インフレ目標を継続的に達成できると判断しました。

BOJガバナーである上田和夫氏は、基本インフレ(CPIと幅広い価格指標を考慮)が現在予測通り2%に近づくと、中央銀行は現在のほぼ0%水準で金利を引き上げると述べた。

中央銀行は、賃金の引き上げによってサービス価格が上昇し、インフレが2%以内に継続的に維持されることを期待しています。

(木原レイカ取材、杉山里市追加取材、サムホームズ編集)

READ  北朝鮮、西側と敵対感の高揚に弾道ミサイル発射
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours