日本高校c'shipへの新たなヒットタイムアウト計画

Estimated read time 1 min read

全国の高校野球選手権大会で選手とファンを保護するための最新の措置で、トーナメント運営委員会は、金曜日の厳しい夏の暑さへの暴露を減らすために、今年の正午の間隔をテストすると述べた。

日本高校野球連盟によると、3試合がある日には2セッション形式で午前1~2試合を行った後、夕方の試合前に数時間間隔を置いて競技を行うという。

写真は2021年8月10日、兵庫県西宮市甲子園球場で開かれた全国高校野球選手権大会開幕式の様子。 (共同通信)

前橋生栄を2013年夏季チャンピオンシップに導いた西武ライオンズ投手の高橋こな(Kona Takahashi)は「異常に暑い」と話した。 「そのためには対策を考慮する必要があります。非常に重要です。」

今年の第106回大会は8月7日、大阪近くの兵庫県西宮の象徴的な甲子園スタジアムで始まります。 この日の開幕式は午前8時30分から1次戦が午前10時、2次戦が午後4時、3次戦が午後6時30分に予定されている。

次の2日間は午前2試合で行われ、午後5時から夕方の試合が行われます。 4試合のある日には正午休憩時間はありません。

高校野球は日本で大きな人気を享受しており、甲子園の両大会、春招待大会、夏全国選手権大会の全試合が全国に中継されます。

毎年夏の35度を超える危険なほど高い気温のため、連盟は2022年から2回の形式を含む放熱対策を議論し始めました。

熱中症や脱水症などの問題を解決するため、昨夏の全国選手権大会では5イニング後10分の「クーリングタイム」を導入し、選手たちがエアコンが設置された空間で飲み物を飲んで暑さを冷やすことができるようにしました。


関連プレス:

野球:大谷翔平がドジャースに4打数3安打、ナショナルズに敗北

野球:トリプルクラウン強打者村上は自分の条件に応じて前進します。

野球:吉田がシーズン初のホームランを打ち、レッドソックスがエインザルスに勝った。


READ  バンクーバークルーズ:50%割引の高級クルーズで日本を訪れます。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours