日本:マルチプレイサービスの売上CAGRが4%増加

Estimated read time 1 min read

日本の総マルチプレイサービス収益は、混合サービスに対する需要増加とマルチプレイ数の増加に支えられ、2022年には295億ドルから2027年には360億ドルに、年平均複合成長率(CAGR)4%に増加すると予想されます。 – データと分析会社のGlobalDataによると、その国の家具をプレイしています。

グローバルデータ 日本マルチプレイ予測(2023年第1四半期) マルチプレイサービスバンドルの月平均世帯支出は、光ファイバ(FTTH / B)ブロードバンドに基づいて構築されたダブルプレイおよびトリプルプレイサービスバンドルの採用が増加するにつれて、2022年に55.26ドルから2027年に59.13ドルに増加することを示しています出ました。 ギガビットレート、音楽プラットフォームの無制限利用など、プレミアム特典を提供するサービスやプランです。

GlobalDataの通信アナリストであるKantipudi Pradeepthiは、次のように述べています。 「ダブルプレイサービスは、予測期間中に最も人気のあるマルチプレイサービスカテゴリーにとどまり、全体のマルチプレイ世帯で占める割合は2022年に62.6%から66.1%に増加します。 一方、トリプルプレイおよびクワッドプレイサービスは、マルチプレイ世帯全体で占める割合が2022年に15.9%、2.7%から2027年にそれぞれ20.3%、4.1%に増加すると予想されます。 」

日本のマルチプレイパッケージの採用は、日本の広帯域ネットワーク範囲の増加、特に高速光ファイバブロードバンドサービスの可用性の増加により、さらに加速されます。

Pradeepthiは次のように結論付けた。 「KDDIは、マルチチャンネルで固定ブロードバンド、テレフォニー、有料テレビ、モバイルサービスを含むプロモーションサービスバンドルを介して、予測期間中にサブスクリプションシェアに基づいてダブルプレイおよびクワッドプレイ市場をリードします。 テレビ放送やその他の追加特典を割引価格でお楽しみください。 一方、NTTは2027年までに家具面でトリプルプレイ部門をリードし続けます。

READ  「非公式」韓日首脳会談、関係回復の道を開くことができる
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours