日本:国防省、軍隊のヘアスタイル規制緩和

Estimated read time 1 min read

日本国防総省は、より多くの若者の関心を引き付けるために日本軍の新兵の長い髪を許可することを明らかにしました。

今回の発表は、日本が中国と北朝鮮に対する懸念が大きくなり、軍人不足の問題で困難を経験している中で出てきたのです。

男性の新兵にはバズカットのみ許可され、女性の新兵には短い髪しか許可されていません。

しかし、4月からは軍隊の長い髪を許すように規定が緩和される予定だ。

新しい規制によると、男性兵士は短い背中、脇腹、上部に長い髪を持つことができます。

女性スタッフの場合、長い髪は許可されていますが、制服を着た状態で髪を束ねたときに肩の上に落ちず、ヘルメットの着用に支障はありません。

刑務所のコミュニケーションによると、緩和された規則に関するニュースは、1月に日本の自衛隊の兵力増援のための専門家パネル会議で初めて報告されました。

木原みのる防衛賞はこの日の会議で「我が国が深刻な人材不足に直面し、人材確保のための民間部門を含む他国との競争が激化していることを認識している」と話した。

第二次世界大戦後の日本軍の役割は、日本の平和憲法に従って完全に防御的役割を果たしてきました。

募集を増やそうとする試みは、日本が中国の急速な軍事力の増強と、北朝鮮のミサイルや核プログラムの拡大と密着する中で出てきたことです。

昨年、日本は今後5年間、国防費を大幅に増やすと発表したが、JSDFは募集目標を達成することが困難であり、管理者は軍隊が収容能力より10%低い水準で運営されていると述べた。

ジャパンタイムズは減少する出産率と世界最高齢人口に加え、低賃金による詐欺低下、セクハラ疑惑なども採用にかかっていると報道した。

昨年には国防部も入れ墨のある人々のJSDF加入を許可する動きを考慮していることが分かった。

タトゥーはヤクザ組織犯罪組織に関連する日本で長く禁忌されてきました。

管理者は、入れ墨をした多くの人がギャングスターではなく、禁止令が募集を妨げていることを認めました。

READ  日本イケア、サプライズプレゼントでいっぱいの福袋福袋で新年おめでとう
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours