理科

日本:宇宙飛行士を支援するための人工重力研究

重力は、私たちがここで地球上で当然のことです。 それは私達がひどいスリップの後で床に突き出るまで私達の日常的な計算を支配しない日常的な現象です。 宇宙飛行士は、私たちがここで地球で言う意味では「落ちない」かもしれませんが、時々宇宙にいくつかの重力があることを望むことは確かです。 国際宇宙ステーション(ISS)で働く宇宙飛行士にとって無重力とは、手から滑るすべてが望む方向に行くことを意味します。 その上、自分が重さがなく、宇宙ステーションの中に浮かんでいる状態では、物を制御することは困難です。

宇宙飛行士が浮かぶ姿は魅力的に見えるかもしれませんが、無重力は人体に悪影響を与えます。 長期間の効果には骨量の減少が含まれます。 日本の京都大学と枝馬建設(Kajima Construction Co.)の研究員とエンジニアは、宇宙で人間の生活を支える「人工重力」を作り出すシステムを研究している。

チェックアウト| ジェームズウェブ望遠鏡の最初の画像:一度も見たことのない宇宙の姿

これらの専門家は遠心力を活用して人工重力を作ろうとします。 彼らは宇宙にいる間回転するコンポーネントを持つ宇宙船を設計しています。 そのコンポーネント内部の宇宙飛行士は、地球で重力がするように、表面で安定している遠心力を経験します。

この建築物は、幅100メートル、高さ400メートル(幅328フィート、幅1,312フィート)の円筒形です。 人工重力を作るために20秒ごとに1回転を完了します。 これは地球と同等の1Gの重力を生み出します。

人類が人工重力の生成を達成することができれば、宇宙探査の新しい展望が開きます。 現在、宇宙飛行士は無重力の影響が来始め、特定の日付以上の宇宙に住むことはできません。 人工重力により、宇宙飛行士はより長い期間宇宙にとどまることができます。 これは、長年の宇宙旅行を必要とする宇宙航海の場合に便利です。

これで wionews.com に投稿し、コミュニティの一員になることができます。 私たちとあなたの話と意見を共有する ここ

WIONライブを見る

READ  ボイジャー1号が星間空間で「ブンブン音」を検出:レポート

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close