技術

日本:日本政府研究グループの炭素信用報告書の更新

要約すると

2050年までにカーボンニュートラルを達成するために、温室効果ガス(GHG)排出量を減らすためのいくつかの手段があります。 これには、新技術の開発、再生可能エネルギーへの移行、自発的な省エネが含まれます。 これらの努力に加えて、炭素排出権を通じた削減努力にもかかわらず、避けられないほど排出される残留排出量を相殺する関心が高まっている。


炭素排出権の使用に関心を示す企業が増加しているが、次のような問題が発生した。

(a)国内外の法体系による炭素排出権の取り扱いが不明であり、炭素排出権の使用事例と重要性が十分に理解されていない。 そして

(b)日本には、Jクレジット、非化石証明書、グリーンパワー証明書、JCM(Joint Crediting Mechanism)、海外で活発に取引される自発的な炭素排出権など、多くの種類の炭素排出権があります。 これにより、企業はどのクレジットを申請し、どのように活用するかを決定することが困難になります。

このような背景から、企業は炭素排出権の需要を十分に推定できず、新しい炭素除去技術と自然な方法を用いた炭素分離に基づいて炭素排出権供給を増やすことに限界がある。 また、炭素排出権は主に両者間の取引を通じて配分されるため、取引の現状と価格は明確ではありません。

カチッという音 ここ 完全な警告にアクセスします。

READ  新しい道を開拓することを恐れてはいけない - TechCrunch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close