経済

日本:首相はLGBT平等を支持しなければならない

(東京) – 日本政府が2020東京オリンピックとパラリンピックを控えレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)を保護するための国家差別法を通過させなかったのは、日本のすべての人の権利を促進する機会を失ったことがでした。 ALL、Athlete Ally、All OutとHuman Rights Watchは、今日発表した。 ビデオ 日本の長いLGBT活動家5人のうち菅義偉首相はLGBT平等制定に即座に公開的に取り組まなければならない。

オリンピック憲章 切り上げピジュムの基本原則として「すべての種類の差別」を明示的に禁止します。 しかし、日本の執権保守自民党(自民党)が2021年に国会で日本初のLGBT国の法律を通過させるという公約にもかかわらず、立法府は、6月に終了した会期で法案を通過させた。

ガラス五十嵐(Yuri Igarashi)は「日本での運動選手を含むLGBTは、法に基づいて平等な保護を受ける権利があるが、現在日本で一般に公開さプロスポーツ選手の数が非常に限定的で、多くの人々が恐怖と烙印にクローゼットの中に残っています。」と言いました。 、監督 日本のLGBT立法連合 (J-ALL)は、日本の80以上のLGBT組織で構成され、上位組織です。 「私たちは、オリンピックが社会のすべての人が公開的かつ安全に生活できるように法的保護を導入して通過することができる良い機会になると期待している。 この法案が、今回通過されず、非常に残念だ」と話した。

Covid-19感染症が原因で1年延期された2020東京オリンピックとパラリンピックが2021年7月23日から開始します。 公にLGBT選手が一人も主催国のために競争していないものであり、これは日本の必要性を反映します。 LGBTのための、安全で包容的な環境を造成します。

J-ALLと他の日本のLGBTのグループは、過去6年間の政党と選出された代表者たちにLGBTの権利を保護するための法案を通過させることを促しました。 2020年J-ALL、Athlete Ally、All OutとHuman Rights Watchは#EqualityActJapanキャンペーンを作成しました。 日本 性的指向と性同一性を根拠にした差別を禁止する法律を支持するの英語。

1月に116個の日本及び国際団体は、これらの法案の通過を促す共同書簡を菅首相に送った。 去る3月、これらの団体は、自民党をはじめとする日本のすべての政党に10万6250人の国内外の署名が入った請願書を提出して平等法制定を促した。 コカコーラ、デロイト、EY、インテル、マイクロソフト、PwC、ペプシコ、セールスフォース、セガサミーなどの主要企業も平等法を支持した。

これ自民党は2021年の通常国会で性少数者法を制定すると発表したが、そうではなかった。 それほど プレス 多くの保守的な自民党議員が法案に反対した。 他の政党の指導者が公然とLGBT法案を支持したが、首相はLGBT平等に公に支持を表明したことがありません。

ハドソン・テイラー(Hudson Taylor)創設者兼マネージング・ディレクターは「LGBTQ +の選手たちは、常に最高レベルのスポーツで競争してきたオリンピック憲章は、すべての選手のスポーツアクセスが人権であることを強調します。 選手同盟。 「今年の尊敬オリンピックとパラリンピックの開催国である日本は、全国のLGBTが法による差別から保護されるようにすること、人権分野のグローバルリーダーになる力を持っています。 これらの保護がない場合は、包容性と平等のいずれかである切り上げピジュムの真の精神は決して完全に実現することができません。」

LGBTの平等に対する日本の大衆支持は近年急増しています。 2020年11月、全国的に 世論調査の調査結果 回答者の88%が「(性少数者に関連する)いじめと差別を禁止する法律や条例の導入」に「同意またはやや同意」しました。

2018年10月、東京都はオリンピック憲章に基づいてLGBTを差別から保護する条例を採択しました。 この市 “オリンピック”法は、オリンピックと関連し、人権協議の直接の結果であり人気があることが判明した。 しかし、これはまた、国全体の保護のギャップを示すので、国家的なアプローチが必要だと、この団体は言いました。

マット・ビアード(Matt Beard)専務は「LGBT +人々を差別から保護することは、日本にとって非常に重要でも期限が過ぎ措置」と述べた。 オールアウト。 日本政府は、オリンピックを控えて差別禁止法を通過させず、オリンピック憲章を守らなかっただけでなく、支持する人口88%の意味も無視している」と述べた。

日本はまた、市民的及び政治的権利に関する国際規約と経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約を含む政府が差別から保護することを義務付ける重要国際人権条約を批准しました。

ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本ディレクターである土井カナに(Kanae Doi)は「日本のLGBTは他の日本人に比べて深刻な社会的圧力と法的保護を受けられずにいる」と述べた。 「菅首相はLGBTの平等を日本の恒久的なオリンピックの遺産の一部として作成するためにLGBTの平等法案を直ちに通過させることに専念してください。 “

READ  「Windows 10 October 2020 Update」で確認された問題は、3〜手動アップデートの場合は、注意を - 視聴者の森

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close