トップニュース

日本:2020年痴呆17,500人が行方不明

昨年、日本で17,500人以上の認知症患者が失踪したことが報告された。

警察庁は、認知症の診断を受けたり、疑われる人が2020年に行方不明者が17,565人と明らかにした。この数値は、前年より86人増加し、2012年以降増加しています。

機関の関係者は、この行方不明者のうち527人が死亡しており、一部は交通事故の被害者と言いました。 彼らは昨年214個検出されなかったと付け加えた。

警察は、行方不明者を迅速に検索するための措置をとるために、地方政府と協力しています。 彼らはGPSのトラッカーアプリの使用を促進し、近所の人に連絡するために、メールサービスを設定しています。

READ  日本は37カ国の中で最も脆弱な人々に食糧支援のために1億1000万ドルを提供しています。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close