日本 – アラブ連盟、新しい経済パートナーシップの議論

1 min read

チュニジア、スビカ:チュニジア中央部の小さなモスクの前で女性が村の最後の水源の1つの前に並んでいます。 このパイプは作物灌漑のためのものだが、今は干ばつ地域の生命線となった。
56歳のリブサケットは、暑い夏の太陽の下で水供給につながった一時的な蛇口の下にジェリカンを置き、「私たちには飲む必要があるだけです」と話した。
ヨーロッパの干ばつ観測所によると、近隣のアルジェリアや地中海地域の広大な地域と同様に、チュニジアも「警告レベルの干ばつ状況」に苦しんでいます。
干ばつと気温の上昇は地域全体に影響を与えますが、貧困率が高い傾向がある農村地域では二重の影響を受けます。
チュニジアの国の水サプライチェーンは、全国の都市地域のほとんどに水を供給しますが、農村人口の約半分にのみ水を供給します。
残りの半分は、農務省傘下の地方農業協会が売る井戸に大きく依存しています。
「私たちは疎外されました」 約250世帯が住む村にそんな井戸一つがあるサケットの言葉だ。
しかし、2018年に電気料未納で閉鎖されたが、これは農業協会でよくある問題であり、カイルアン市から北に約30km(18マイル)離れたスビカ地域の住民は水を引き上げるポンプなしで放置されました。
それ以来、これらの家族はもともと地元の農家が土地を灌漑するために掘った井戸水に頼ってきたと言いました。
これらの井戸は、不適切な施工やテストによって汚染物質に汚染されていることが多く、人間が飲むのに不適切なため、州政府の承認を受けた井戸はありません。

57歳のアリカムンは、腹部全体にわたって瘢痕を明らかにしたことで、水に感染した病気のために手術を2回受けたと述べました。
「私たちの半分は腎臓の問題があります」 彼の隣人、レイラ・ベン・アルパが言った。 「水は汚染されていますが、私たちは飲むべきです」
52歳の彼女は、自分と他の女性が「背中にジェリー缶を負担する」と言いました。
世界資源研究所によると、チュニジアは6年目の干ばつを経験し、世界で33番目に水不足国家と評価された。
世界銀行は、2030年になると中東と北アフリカが、一人当たり年間水使用量が500m3という「絶対的水不足」水準以下に落ちると明らかにしました。
その量はすでにチュニジアの住民一人当たり450立方メートル未満です。
2023年の国連報告書によれば、主に田舎に住むチュニジアの65万人以上が家に流れる水がなく、そのうち半分近くが公共水源から遠く離れた所に住んでいます。
1リットルあたり約16セントのチュニジアディナールのボトル入り水は、チュニジアで最も貧しい地域の家族にとってまだ贅沢です。
「私たちは解決策を見つけなければなりません。」 他の村人と井戸水を共有してきた26歳の農家、Djaouher Kammounの言葉だ。
彼は「ほとんどの家庭は私たちが働いている間水を育てます。時には2つのことができないこともあります」と、このシステムは持続不可能だと説明しました。
国立農業観測所(ONAGRI)によると、全国の井戸の約60%が個人が掘り、許可なしに作られたものです。
しかし、これらの慣行が一部には一時的な(ただし不健康ですが)解決策になるかもしれませんが、むしろ水の不足を深めます。
ONAGRIが2022年に実施した研究によると、チュニジアの深層水層は含量率の150%レベルで開発されており、地下水層は119%レベルで開発されていることがわかりました。

「今日、私たちは同じスパイラル、同じ悪循環に陥り、同じ問題を抱えています」 チュニジア経済社会圏フォーラム(FTDES)のカイルアンコーディネーターであるミニャラ・メズブリの言葉だ。
村人はデモを行い、道路を封鎖し、何度も文句を言ったが、何の役にも立たなかった。
「知事は、私たちはすでに飲料水を利用できると言いました」 危機を解決するための地域社会の努力を導いてきた34歳のサイフナパティの言葉だ。
「彼らは私たちに抗議すれば自白しなければならないと言いました。国民防衛軍が私たちを逮捕するからです」。
ナパティは結局多くの人々が村を去ったと付け加えた。
その中には彼の弟ラウフもいるが、彼は現在海岸都市のハンマメットに住んでいる。
55歳の農家であるサレハマディ(Saleh Hamadi)も井戸水の分配に苦労しており、「少なくとも150世帯が去った」と述べた。
彼は「私たちの若者のほとんどが去り、高齢者は一人で残りました」と言いました。
「2024年になぜこれはまだ問題なのでしょうか? なぜ私たちはまだのどが渇いているのですか?」

READ  米国経済、2月の雇用31万1000を追加
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours