技術

日本-イスラエル関係強化、2021年の投資がほぼ3倍近く増加し、29億ドル記録

コンサルティング会社Harel-Hertz Investment Houseが日曜日に発表した新研究によると、日本企業が2021年にイスラエル企業に85件の取引で約29億ドルを投資し、2020年にはほぼ3倍の29億ドルを投資しながら、日本とイスラエル間の経済関係は新しいレベルに達しました。 。

2020年、日本企業は63件の投資取引に11億ドルを投資したが、これは2019年の9億1,400万ドルから増加した数値である。 2015年、この数値は合計8,700万ドルに過ぎませんでした。

Harelの創設者兼社長であるElhanan Harelは、日本が現在、イスラエルのハイテク産業に対する全外国人投資の15.8%を占めていると明らかにしました。 Hertzとレポートの作者。

しかし、絶対的な数字で見ると、イスラエルへの日本の投資は、米国(およびイスラエル)投資家の投資に比べてまだ小さいです。 日本VCと企業VCは依然として主要投資家の位置を占めることなく、資金調達ラウンドでイスラエルまたはグローバルVCに参加することを好むと報告した。

Harel-Hertzによると、2000年以降、イスラエルへの日本の総投資は約400件の取引で130億ドルに達しました。

2015年以降、日本の投資家の関心分野は多様化しました。 その年の投資の大部分(61%)は、通信およびIT企業に集中しており、ライフサイエンス、食品技術、サイバーセキュリティ、自動車、フィンテック、クリーンテクノロジー企業にさらに投資が流入するため、2021年までに13%に減少しました。

2021年には、9人の新しい日本投資家がイスラエルの技術産業に初めて参入し、2つの新しいファンドと7つの企業が現地の日本投資コミュニティに加わりました。 報告書によると、日本企業とブランドは2015年15社から2021年97社をイスラエルで運営している。

2021年12月29日、東京の入り口に伝統的な新年装飾のある証券会社で保護マスクを書いた男が日本日経225と上海指数を示す電子株式掲示板を眺めている。 (AP写真/ユージーンホシコ)

比較的最も注目すべき新規企業は、昨年夏にRa’ananaにイノベーション研究所を開設した日本通信大企業NTT(Nippon Telegraph and Telephone)と2021年に最も多い金額を投資した多国籍大企業Softbankでした(総金額の20億ドルが少し超えた)。 24の取引にわたってイスラエルの会社による報告によると、日本の貿易会社であるMitsuiは、41件の取引と2億9900万ドルの投資で最も多くの取引に参加しました。 イスラエルでは、Mitsuiの活動には、Mitsuiと2人のイスラエルベンチャーキャピタルの専門家との同等のパートナーシップであるMagenta Venture Partnersと、同社の子会社であるMitsui Global Investments(MGI)との活動が含まれます。

昨年、Softbankはイスラエルクラウドファンディング会社OurCrowdの株式2,500万ドルを購入し、サイバーセキュリティ攻撃から工場や産業工場を保護するソフトウェアメーカーであるイスラエルサイバーセキュリティ会社のClarrotyに4億ドルの投資を共同で主導しました。

SoftBankのイスラエル事業は、5年以上勤務してから6月に保安機関から退いた元Mossad首長Yossi Cohenが率いています。

日本の多国籍企業、 3400億ドル以上 AUM(Assets Under Management)は、Uber、DoorDash、Cruise、Slack、ByteDance(TikTokの全身)、有名なイスラエル共同設立会社WeWorkを含む世界最大の企業に投資しました。 また、サイバーセキュリティ会社Cyber​​easonやソーシャル取引プラットフォーム会社eToroを含む他のイスラエル企業にも多くの投資を行いました。

Harel-Hertzは、SoftbankとNTTの両方が「日本の国際活動のリーダー」であり、イスラエルでの活動が日本のビジネスコミュニティに「肯定的な変化」につながる可能性があると述べました。

その年のデータによると、2020年に最も活発な3人の投資家は、多国籍三菱コーポレーション(Mitsubishi Corporation)、貿易および投資大企業の住友(Sumitomo)、金融サービスグル​​ープSBIホールディングス(SBI Holdings)だった。

Harelは、日曜日の声明で2021年の投資成長は、「訪問や会議の能力なしで、Zoomセッション、制御プロセス、インターネット検査を通じて行われたすべての「デジタル投資」を考慮したときに印象的」と述べました。 日本の企業人とイスラエルの企業人との関係で、成熟さと信頼を得ることができます。

投資の劇的な増加に伴い、日本の大企業のイスラエル企業の買収件数はまだ少ない。 2021年、日本3社(Olympus、化学企業Asahi Kasei、半導体メーカーRenesas)は、イスラエル医療機器企業MeditateとItamar Medical、チップメーカーCelenoをそれぞれ3億ドル、5億3800万ドル、3億1500万ドルに買収しました。

イスラエルと日本は、主に秘密のままであった相互貿易関係が長年悩みを起こした後、近年の開花関係を見ました。

非常に保守的な日本人は、アラブの石油サプライヤーを怒らせる伝統的な恐怖や文化的違いのためにイスラエルを受け入れることを嫌がっていました。 しかし、2014年5月のベニヤミン・ネタニヤフ元首相の訪日、2015年1月の安倍日本首相の訪日以降、2015年以降の投資取引件数と価値が急増した。

両国は、セキュリティ、サイバー、農業分野の投資協定と協力を締結した。

ハレルは、近年、米国と中国の間の貿易戦争の盛り上がりが「現在で意味のある」と言い、イスラエルの技術会社が「日本を国家として好むようになりました。[ir] 経済的重要性をますます認識し、「他のアジア諸国で運営のための先進センター」と認識され、アジアビジネスセンター」となりました。

Shoshannaソロモンがこのレポートに貢献しました。

あなたは深刻です。 ありがとうございます!

それが私たちが毎日仕事に来る理由です。 みなさんのような目に見える読者に必ず読まなければならないイスラエルとユダヤ世界への記事を提供するためです。

今リクエストがあります。。 他のニュースメディアとは異なり、我々はペイウォールを設定していません。 しかし、私たちがするジャーナリズムはコストがかかるため、タイムズオブイスラエルが重要になった読者を招待します。 タイムズオブイスラエルコミュニティ

月に6ドルでTimes of Israelを楽しんで、質の高いジャーナリズムを支援するのに役立ちます。 広告なし、Times of Israelコミュニティメンバーのみが利用できる独占コンテンツにアクセスできます。

コミュニティに参加

コミュニティに参加

すでに会員ですか? このアイテムが表示されないようにするには、ログインしてください。

READ  日本のデジタルエージェンシーデビュー、シュガーの影響弱体化

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close