日本 日本人口統計学的冬は7軒のうち1軒が空いていてとても重いです。

Estimated read time 1 min read

無人住宅は900万のままで、全国住宅用建物在庫のほぼ14%に相当します。 人口が老齢化するにつれてますます増える現象。 外郭県から東京に移住する人々の影響を受けますが、高齢者が死亡したり、療養所に入る場合も影響を受けます。 建物は維持されず、崩壊や防火にさらされます。

東京 (AsiaNews/Agency) – 止められない日本人口の高齢化 (2023年にも出生児数は歴代最低値を記録した。)は、日本で公廃家屋が類例なく増加した主な要因である。

4月30日に発表された政府調査によると、合計900万軒の空き家があり、これは全国全体の13.8%、すなわち7人のうち1人です。 周辺県の漸進的な人口減少もこの数値に影響し、その割合は日本で最も高い。 和歌山と徳島が21.2%を記録し、東京を除く山梨が20.5%と続いた。

内務省が発表した資料によると、476万軒の空き住宅(日本語で秋谷)の約半分が賃貸または売買用であり、残りの38万軒は季節別または臨時用途に使用されます。

しかし、最も重要なデータは捨てられた住宅と意図しない住宅の数で、これは以前の政府調査に比べて37万件増加し、現在385万件と歴代最高値を記録している。 これらの建物の多くは、照明の弱い窓、つる植物で覆われた壁、不安定な屋根などの危険な環境にあります。

長期管理が適切に行われず、崩壊の危険にさらされることが多いだけでなく、防火により近隣地域の安全が毀損され、不法ごみ投棄場所になることもあります。

去る2023年10月に実施された今回の調査は1948年から5年ごとに実施された。 1973年から無人区が着実に増加し、過去30年間で2倍に増えた。 日本では数十年間続いた人口学的冬。

一方、3月の内閣が2028年までに雇用プログラムに82万人を追加参加させることを許可するという政策的努力の結果、国内の外国人労働者数が増加しています。 高齢者 – 死者も記録的な数字である2023年1,590,500人を記録し、空き家の増加に貢献しました。

また、療養所への移送も可能です。 子供たちが両親と別れても一緒に暮らす「核家族」現象もある。 また、死亡後に親戚から受け継がれた住宅は、撤去費用が高く、商品性が落ちるなどの困難により放置され、放置されています。

特にベビーブーム世代の高齢化により、秋屋住宅はさらに増えるという見通しが出ている。 この傾向に対応するために、12月に政府は地方自治体の公務員が空き家の所有者に特定の建物管理規則に従うように要求することができる法律を改正しました。 これらのガイドラインが遵守されていない場合、廃棄された住宅は税金の減額の恩恵を受けることができなくなります。

READ  上田桃子、TOTO日本クラシック週末のリーダーをリード LPGA
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours