トップニュース

日本 – 米国拡張抑制対話 – 米国務省

日本政府とアメリカ合衆国政府は、2022年6月21日から22日まで、ジョージアのKing’s Bay海軍基地で両者間のEDD(Extended Deterrence Dialogue)を開催しました。 外務省北米局長次長と国防部国防政策局ヤマト太郎次長、米国側はアレクサンドラ・ベル次官補が共同議長を務めた。 国務省の武器統制検定遵守局秘書官と国防部次官報である核及び大量破壊兵器対応次官報であるリチャード・ジョンソン。

今回のEDDラウンドは、2022年5月の日米首脳会談に続いたもので、バイデン大統領と岸田文夫首相は、拡大抑制に関する両国間の議論を強化することが重要だと強調しました。 EDD期間中、米国と日本は地域の安全保障環境に対する評価を共有し、米国側は3国の核態勢と近代化プログラム、宣言的政策など米国の核能力の現状を説明した。 、最近完了した核態勢レビューに基づいています。

両側は、拡張抑止と軍備管理、非拡散、従来の電力、ミサイル防御が統合抑止と信頼性と弾力性のある拡張抑止にどのように貢献するかについて深く議論しました。

EDDの一環として、代表団はオハイオ州の潜水艦USSメリーランドを訪問しました。

拡張抑制力は日米同盟の核心である。 2010年に設立されたEDDは、東京とワシントンに拡張抑制力を維持し強化する方法を議論するための正規化された手順を提供します。

READ  日本の外国人入国者オンライン手続き開始

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close