日本 2050: 変化するライフスタイル/超高齢化時代 日本国民は酵素阻害剤から目的意識まで幅広い要件を持っています。

1 min read
ロイター/キム・ギョンフン/ファイル写真
より広い画像:86歳の横山高雄(左から2番目)が2023年4月12日日本東京で開かれたSFL(Soccer For Life)80リーグ開幕戦で、82歳の石田五条を相手にボールを追っている。

この記事は、2050年に日本がどんな姿か、国民としてどのように挑戦に立ち向かい、どのような社会を作りたいかを見るシリーズの3番目で最後の記事です。

***

日本は超高齢化社会にあり、これは生物学研究から労働慣行、生活環境まで様々な分野に影響を与えます。

健康な老化を促進する方法を研究している人の中には、東京大学医学研究所の誠中西教授がいます。 彼は2040年までに老化細胞を除去する技術の開発に取り組んでいます。

分裂を止めた老化細胞は年齢関連障害の要因と考えられる。 近年、老化細胞が年齢とともに蓄積し、臓器や運動系に悪影響を及ぼすことが明らかになった。

2021年、中西は特定の酵素が老化細胞を生きていることを発見しました。 酵素の機能を阻害する薬物をラットに試験したところ、筋力回復や長期機能改善などの若返り効果が観察された。

中西はこの薬を人間に適用することを目指しています。

中西は「2050年頃には人間が100歳まで働き、120歳まで残った人生を楽しむことができる可能性がある」と話した。

天王院書店の社長である三浦隆紀は、120歳まで生きるという仮定のもと、人生を計画していると言います。 彼は書店の運営に加えて、デザインや写真を含むいくつかの学問を勉強してきました。 彼は人工知能に関連する新しい事業に集中し、今後写真家として活動する計画です。 90歳頃になれば作家になる計画です。

日本の100歳以上の高齢者は2050年までに47万人に増えると予想され、これは2023年比5倍増加した数値です。

「ベクセインは特別なものではありません。健康を維持し、学習を続け、長寿社会の一員になることを楽しむバランスをとるよう努めます。」 三浦が言った。

国立社会保障及び人口研究所の推算によると、日本の高齢化率(65歳以上の人口比率)は2050年に37%に達すると予想されます。 つまり、高齢者1人を扶養できる就職可能人口(15~64歳)が1.4人に過ぎず、「肩に乗る」社会になります。

野村総合研究所の金田武田研究員は、生産可能年齢人口を15~69歳と定義し、現在年齢帯の上限を5年上げ、2050年老人扶養負担を2020年水準と同じ水準に維持する社会を実現する方案を提案しました。

武田は「健康な高齢者が社会で活動し続けることができる環境を整えることが必要だ」と話した。

「お年寄りは大まかなダイヤモンドのようです。」 市川真二郎は情熱的に語った。

市川は東京足立区にある製造会社である横浜シャッターの社長です。 同社の職場には31人の従業員がおり、そのうち10人が65歳以上です。 同社には義務的な退職年齢がほとんどなく、従業員が60歳になった後も給与を引き上げます。 横浜シャッターでは70代の新入社員が稀ではありません。 最も年齢の高いスタッフは81歳です。 彼は5年前に入社し、今はデザインを担当しています。 彼は笑顔で「年を取っても新しいことをするのが好きです」と言いました。

神奈川県藤沢にある賃貸マンション「のびしろハウス亀野」には、現在20代の大学生2名と70~80代の老人5名が一人暮らししています。

若者でも高齢者でも、アパートの居住者に問題がある場合は、ソーシャルメディアを通じて他の居住者と話し合います。 学生は高齢者のために電球を交換したり目を離したり、高齢者はその代償として若い隣人にお茶とお菓子を扱います。

2050年には、1,084万人の高齢者が一人暮らすと推定されます。

マンションを管理する不動産会社のびしろのさよあゆかわ(41歳)社長は「世代に関係なく住民が家族のようにお互いを支援する住宅が必要だ」と話した。

NLI研究所の上級研究者である前田信弘は、超高齢化社会の新たな尺度として「社会に貢献できる能力の持続期間」という概念を提案します。 これは、人々が役に立つと感じる役割を通じて社会とつながる時間を指します。

社会に貢献する方法には、ボランティア、孫の世話、寄付金の寄付、ただ誰かのために出ることなどがあります。

前田は「社会に貢献する能力を延長すると、各個人に良い精神健康と幸福感が生まれます。 人々が長生きできる社会では、住みやすく、子どもを育てるのも容易でなければなりません。 人口が減少している日本がこれを目指すべきです」と述べました。

READ  既存の技術に新たな命を吹き込む:分子の方向を示してFT-IR分光器
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours