トップニュース

日本 8月 メーカー雰囲気7ヶ月ぶりに最高値に上昇 – Reuters Tankan

  • 8月製造業感情指数+13 vs 7月+9
  • 8月サービスセクター指数+19 vs 7月+14
  • メーカーの11月の見通しは上昇し、サービスは平らです

東京、8月17日(ロイター) – 日本メーカーの8月事業信頼が先月停滞以来改善されたのに対し、サービス業種企業の気分は2ヶ月連続上昇してほぼ3年ぶりに最高値を記録したとロイター・タンカン世論調査が言った。

商品インフレが引き続き利益を圧迫していますが、月曜日に4~6月に国内総生産(GDP)が反騰した世界3位の経済大国の調査対象企業によると、需要が回復しているそうです。 もっと読む

しかし、インフレ圧力、国内COVID-19再発、半導体などの主要部品への暗い供給見通しにより、さらなる回復見通しが抑制された。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

メーカーは今後3ヶ月間に若干の改善が見込まれ、8月2日から12日まで、日本銀行(BOJ)が四半期ごとの「タンカン(tankan)」調査を綿密に追跡したアンケート調査で、サービス企業の見通し指数は変動がなかった。

495社の大企業や中堅企業を対象としたアンケート調査で、食品製造業者のマネージャーは「経済再開が進行中で消費が回復しているようだ」とし、「価格引き上げがますます消費者の心を冷やす危険があるわけではない」と話した。 。 、そのうち256人が回答しました。

ロイター・タンカンメーカーの心理指数は8月13で、前月の9~7ヶ月ぶりに最高値を記録した。 サービス業指数は前月14から19に上昇し、2019年10月以降最高値を更新した。

(詳細な結果表はクリック)

化学および精油/セラミックなどの原材料を扱う製造業者の下位指数は、半導体関連製品の強力な需要のおかげで2桁の増加を示しました。 繊維/製紙業種は長期原価引き上げで20ポイント下落した。

輸送機器メーカーの下位指数は-38に変動がなく、一部は自動車メーカーの生産縮小とチップ不足を回復遅延の理由で引用しました。

サービス業の中で運輸/ユーティリティ企業と卸売業が改善を主導し、多くの回答者が円安が海外収益を増やしていると述べた。

レストランやホテルを含むカテゴリー「その他サービス」の読みは先月末、日本の急速なCOVID-19復活により対面サービスが打撃を受けながら10ポイント下落しました。 もっと読む

3ヶ月の見通しで、製造業者は11月の気分が2ポイント上昇した15になると予想したのに対し、サービス会社は19で安定税を維持すると予想した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

小宮関太郎の報告

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  NMB山本軒が卒業発表芸能界引退看護の道 - AKB48:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close