トップニュース

日本 Hokuriku Elec、マレーシア LNG 中断後のバックアップ措置

去る10月、マレーシア国営エネルギー会社Petronasは、9月21日にSabah-Sarawakガスパイプラインから土壌移動によるパイプライン漏洩により、マレーシアLNG Dua液化ターミナルへの供給に不可抗力を宣言しました。

松田社長は記者会見で「LNG供給量の削減に備えて、石炭や石油の在庫を増やし、電気ギフトを購入するなど、さまざまな措置を講じています」と述べた。

彼は日本の会社が顧客に電力供給に影響を与えないようにすることを目指していると言って、供給者と毎日連絡していると付け加えたが、会社が代替供給を受けたかについては言及しなかった。

先月、西村康志日本産業大臣は、ペトロナス最高経営責任者Tengku Taufikに、供給支障が日本の顧客に与える影響を緩和するための努力を続けることを要請した。

Taufikは、ペトロナスが日本の顧客に与える影響を鈍化しようと努力すると述べた。

これには、ウクライナ紛争の途中でロシアのサハリン-2プロジェクトの供給リスクを背景に冬が近づき、暖房需要がピークに達するにつれて中断のない供給を必要とする電気ユーティリティが含まれます。

(Obayashi Yuka 記者、Clarence Fernandez 編集)

READ  日本・米国防長官、北ミサイル発射に拍手

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close