日本10年物国債利回り1ヶ月最低値に下落 – Markets

1 min read

シンガポール:火曜日、日本の国債利回りが下落しました。 10年満期の国債利回りは先週、日本銀行(BOJ)が超低金利政策を維持した後、1ヶ月で最低値を記録しました。

JGB 10年物の利回りは、章序盤1ヶ月最低値の0.375%をタッチした後、1bp下落した0.380%を記録しました。

BOJは、金曜日の予想通り、非常に簡単な政策に固執し、世界中央銀行の間でまだハト派の特異点として残り、脆弱な経済回復を支援することに集中するだろうという兆候を送りました。

中央銀行は、-0.1%の短期金利目標とYCC(Yield Curve Control)ポリシーに基づいて設定された10年の満期債権利回り上限を0%に保ちました。

10年の金利スワップは0.59%で、YCCの終了に対する熱狂的な推測があった1月の1%をはるかに下回りました。

Asymmetric Advisorsの市場戦略家であるAmir Anvarzadehは、BOJの金融政策がこれまでに期待したように変わらない限り、市場は単により痛みを伴う問題を強制すると述べた。

「円安は、インフレ圧力が増加するにつれて、投資家がYCCを守ろうとするBOJの決議を再テストできるため、戦場はJGB市場になるでしょう」

円は火曜日1ドルあたり142.26ドルに対して7ヶ月で最低値を記録しました。

BOJが政策を維持するにつれて、日本の10年債権利回りは下落します。

JGBの20年物収益率は0.5bp下落した0.970%、30年物JGB収益率は0.5bp下落した1.210%を記録した。

5年物の利回りは0.5bp下落した0.070%を記録した。 ベンチマーク10年JGB先物は0.14円上昇した148.57で取引されました。

READ  1,000万円に引かれて、マイナスポイントは「メルペイ」に決めた - Impress Watch
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours