日本11月のCPIインフレは予想通り緩和。 問題の初期BOJピボット By Investing.com

Estimated read time 1 min read
©ロイター。

Investing.com – 食品価格の下落の中で、11月の日本のコア消費者物価指数のインフレは予想通り緩和され、日本の銀行が潜在的に超緩和政策をいつ開始できるかについての疑問が高まっています。

変動性の大きい新鮮食品価格を除いた物価は前年同期比2.5%上昇したと統計庁が金曜日に発表した。 この数値はアナリストの期待に合致し、前月の2.9%より鈍化しました。

前年比の数値も2022年8月以来最も遅い速度であり、コアインフレの毎月の増加率は停滞しました。

起源のインフレは依然としてBOJの年間目標である2%をはるかに上回っていましたが、インフレがインフレを早期に緊縮政策に導くかどうかは、2023年の最終会議で提案されて以来まだ不明でした。

新鮮な食品と燃料価格の両方を除いて、BOJが綿密に考慮する重要な数値は、前月の4%から前年同期比3.8%に鈍化し、根本的なインフレも緩和されていることを示しています。

11月には前年同期比2.8%増加し、前月3.3%より鈍化した。 食品およびエネルギー価格の月間の下落は、インフレ値を下げる主な要因でした。

インフレの数値は、世界市場の逆風により、近年の消費者や資本支出が鈍化し、日本経済がやや冷却されている中で出てきたものです。

今週初めのデータによると、日本は中国の景気鈍化によって3ヶ月ぶりに初めて萎縮したのに対し、日本も萎縮状態を維持した。

第3四半期の日本経済は、BOJが短期的に緩やかな政策を維持するようにさらに刺激を与えました。 中央銀行は最終的に2024年に非常に鳩の波の立場から外れると予想されますが、そのような転換の時期は依然として不確実であり、BOJ関係者はこの問題について口を閉じています。

BOJは最近、日本のインフレが短期的に小幅に減少する傾向を見せるだろうが、2024年度にはその水準が維持され、年間目標である2%を上回る傾向を維持すると明らかにした。

銀行はまた、非常に鳩の政策の終了を考慮する前に、インフレが2%のレベルに達する兆候をさらに模索していると強調しました。

金曜日の読書についてはほとんど反応しませんでした。

READ  今日の株式市場:ウォールストリートはわずかに上昇しましたが、まだ3週間で最初の損失に向かっています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours