日本2023会計年度実質賃金9年ぶりに最大の幅下落

0 min read

日本の2023会計年度実質賃金は前年同期比2.2%下落して3月に締め切られた。 これは消費税の引き上げで物価が上がった2014会計年度の2.9%下落以降最大の下落幅だ。 木曜日に。

円安と原油市場の上昇で着実な賃金上昇がインフレに追いつかず、実質賃金が2年連続下落しました。

名目上、月平均給与は1.3%増加した332,533円で3年連続増加しました。 業種別では基本給を含む正規級が1.3%増加したのに対し、延長労働手当及びその他非正規級は0.3%減少した。 ボーナスを含む特別給与は1.6%増加した。

月平均賃金は、フルタイム労働者の場合1.7%増加した438,696円、パートタイム労働者の場合2.4%増加した105,989円でした。

雇用部報告書によると、職員一人当たりの月平均勤務時間は136.3時間で0.4%減少し、正規労働時間は0.3%、超過勤務時間は2.0%減少した。

一方、実質賃金を計算する消費者物価は食品や生必品など物価が暴騰する中で3.5%で、2年連続で3%を超えた。

3月にだけ実質賃金が前年同期比2.5%減少し、24カ月連続減少傾向を記録した。

今年の労使交渉で多くの企業が提案した大規模賃金引き上げが今後の賃金指標に反映されると予想されるが、円安の持続で輸入費用が上昇しており、実質賃金が早期に反騰する可能性は低いという見通しが多い。 。

石川智久日本研究所研究員は「円が1ドル当たり160~170ドル水準に落ちれば、今回の会計年度中に実質賃金の上昇を見るのは難しいだろう」と話した。

石川は「賃金の引き上げが多い人が働く中小企業に流れないと、日本経済全体が活力を失う可能性がある」と話した。

READ  負債に慎重なルート、プロジェクトの民間取引で日本にこだわる
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours