経済

日本29-10アイルランド:開幕戦敗北に復讐してシリーズ引き分けを確保

日本は先週、東京で開かれたアイルランドとの試合で29-10で断固とした勝利を収め、2回のテストシリーズを1-1引き分けで終えることに報復した。

フライハーフ大塚綾香がスリックホストのために主演を務め、1回の試みと2回の追加ゴールを成功させ、フルバック松田凛香(Rinka Matsuda)は2回のクロスを上げた。

Natasja BehanとKatie O’Dwyerはアイルランドの試みを得点しましたが、訪問者は大会で2位を獲得しました。

日本の関心は今秋、ニュージーランドワールドカップに集中している。

アイルランドは特に先週にどれほど印象的だったかを考えると、彼らの姿に失望するでしょうが、シニアコーチのGreg McWilliamsは、彼の若い選手が女子チームの最初の夏のツアーでテストラグビーにさらされたことから恩恵を受けることを願っています。

アイルランドは、静岡で行われた最初のテストで眩しい活躍を繰り広げた後、湿った環境で中断されたプリンス秩父記念スタジアムで3分でオープニング試みを得点しました。

Ailsa Hughesはモールからボールを​​抜いて短い側を攻撃し、Behanは2回目の出場で最初の国際試みのためにクロスをしました。

Natasja Behanは3分で最初の国際的な試みを得点しました。

セットピースでの苦軍奮闘が領土と所有権の両方で日本に有利に作用したため、雷のように速い出発はアイルランドに得たほど良いことが判明しました。

アイルランドの守備陣は当初、ホストの攻撃を首尾よく撃退した。

しかし、日本の圧力は、スクラムの後ろからフライハーフ大塚に素早くボールをプレイし、Enya Breenの外側の隙間を通してスコアをタイに突き進め、最終的に報酬を受けました。

ホストは休憩の4分前に前方を打ち、強固なスクラムでもう一度ストライクプレイを設定した大塚がインサイドボールを松田に送ることを確認しました。 。

勢いは完全に日本と一緒に行き、アイルランドは大会に戻るために十分な継続的な圧力を加えることができませんでした。 代わりに、Hinano NaguraがコーナーからOtsukaのスキップパスを集め、チームの3回目の試みを追加し、休憩後にもっと領土を咳しました。

3分後、松田はBehanとMeabh Deelyの不都合なタックルを防ぎ、日本のリードを17に拡大しながら左に突進し、アイルランドの復帰希望を事実上破った。

アイルランドがついに22川に移動し、アイルランドはしばらく休憩し、O’Dwyerが時間表示の直前に着地しながらラインを崩した。

しかし、スコアは強力なボールキャリアであり、すべてのキャリーで地面を作り続け、アイルランドのラインに穴を開け、Sachito Katoはホストの5番目で最後の得点のために潜伏するスペースを作った日本をパニックにさせませんでした。

アイルランド: ディリー; Behan、Dalton、Breen、Doyle; オブライアン、ヒューズ。 フィリー、ジョーンズ、スチール。 フライデー(船長)、オコーナー。 ブラウン、マックマン、ムーア

交換: Hooban、Pearse、O’Dwyer、Schultzer、Keating、Scuffil-McCabe、Tilly.

日本: 松田; なぐら、古田、中山、今久木。 大塚、安倍。 南(船長)、長田、さだか。 Y佐藤、高野; S佐藤、長田、長井

交換: ラベマイ、谷口、加藤、玉井、吉村、つくい、山本、細川。

READ  女性が行ったことのない道を思い切って行く日本のCEO

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close