トップニュース

日本4月の消費者物価、7年ぶりに最大上昇

2015年12月6日、日本の東京のあるショッピング街で、1人の買い物客が市場で野菜パックを見ています。 REUTERS/Yuya Shino

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

  • 4月のコアCPI 2.1%上昇、BOJの目標2%超
  • 7年ぶりに最速でコアCPI上昇
  • 利得は、燃料コストによる追加のインフレ圧力を示唆している。

東京、5月20日(ロイター) – 4月、日本の中核消費者物価上昇率が中央銀行の目標値である2%を上回り、7年以上最高値を記録しました。

消費者物価の上昇は、日本の銀行(BOJ)が市場に金融政策を非常に緩やかに保つことを市場を説得することを困難にしています。

ボラティリティの高い新鮮食品コストを除き、エネルギーコストを含む全国の源消費者物価指数(CPI)は4月に前年同期比2.1%上昇したと政府資料が金曜日明らかにした。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

これは、2015年3月以降、1ヶ月で最も速い上昇率を記録し、ロイター世論調査で予測された中間値と一致しました。

昨年4月から全体のCPIを下落させた携帯電話料金引き下げの影響が年間比較から消え始め、3月の前年同期比0.8%上昇よりはるかに大きい上昇幅を見せました。

日本の全体的な物価上昇率は、世界3位の経済大国の遅い賃金上昇により企業が物価引き上げをより困難にするため、米国や他の先進国のはるかに急激な上昇に比べて緩やかな水準を維持しています。

BOJは、円安が食品やエネルギー価格を引き上げ、他の主要な中央銀行が緊縮政策を展開しているにもかかわらず、強力な賃金成長に基づいてインフレを安定して2%に達するよう努めながら大規模な通貨扶養策を維持しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Daniel Leussinkによる報告。 Sam HolmesとStephen Coatesの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  キャンプ活動も...トランプ大統領「沈黙」を維持(日本のTV系(NNN)) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close