日本5月の企業倒産件数1000件突破

1 min read

日本の5月の企業破産件数は1,009件で、前年同期比42.9%急増したと信用調査会社東京ショコリサーチ(Tokyo Shoko Research)が月曜日明らかにした。

月別の数値は、2008年のグローバル金融危機以降に導入された中小企業資金支援措置終了の影響を反映した2013年7月以降、初めて1000人を超えた。

最近の結果は、多くの企業が物価の上昇と主にサービス部門の人材不足に苦しんでいる中です。

データには、1,000万円以上の負債に関連する破産が含まれています。

失敗した会社が残した総負債は、大企業の破産により前年度の数値が増加した後、50.9%減少した1億367億6900万円を記録しました。

物価上昇に伴う倒産件数は87件と47.4%増えた。 下請業者が多い製造業と運送業で主に発生した。 多くの中小企業では、高コストを価格で転換するのに苦労している。

コロナ19事態当時導入された無利子・無担保融資プログラムを活用した企業の不渡りは15.5%増加した67件に依然として増加傾向を続けた。

業種別ではサービス業毎月の倒産件数が327件と歴代最高値を記録した。 特に、一手不足と人件費の上昇により、飲食業者の破産が増えた。

9ヵ月ぶりに初めて9地域すべてで破産が増加した。

東京ショコリサーチは、ドルに比べて円安のため、多くの企業が価格上昇コストを完全に余裕がないため、インフレに関連する破産件数がさらに増加する可能性があると警告しました。

READ  Bill Emmott:Post-Brexit英国はパートナーシップの構築で、日本の主導に従うことができます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours