日本5月経常収支黒字、新記録達成

1 min read
読売新聞資料写真
東京都千代田区財務部

東京(支持通信)―日本財務省の資料によると、日本は5月に2兆8,499億円の経常収支黒字を記録した。 これは前年比41.8%増加した数値であり、1985年に比較可能な統計が出て以来最大の幅の黒字である。

支払収支予備資料によると、この国は16ヶ月連続経常収支黒字を記録しました。

主要所得口座が13.0%増加し、4兆2,111億円に達し、月別最大実績を記録しました。 これは、海外金利が上昇し、外国債のクーポン収入が増え、日本通貨の下落により円ベースの配当金収入が増加したためである。

商品貿易赤字は前年比1兆1,998億円から1兆1,089億円に減少しました。

輸出は自動車と半導体製造装置の強力な出荷に支えられ、12.1%増の8,1324億円を記録しました。 輸入は原油価格の上昇で9.3%増の9,2413億円を記録しました。

サービス貿易は前年の赤字1,803億円から23億円の黒字に戻りました。 この反転は日本の訪問者の増加に支えられ、より大きな旅行口座の黒字を記録した。

READ  日本、フィジー、中国の影響力の懸念の中で関係強化を確認
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours