日本5月輸出、円安の影響で13.5%急増

1 min read

日本の5月の輸出は13.5%増加したが、これは円安と米国およびアジア地域の強い需要に支えられ、予想よりも急速な成長を見せた。

水曜日の財務省資料によると、貿易赤字は合計1兆2200億円(77億ドル)で、前年同期1兆3800億円よりほぼ12%減少しました。 輸入は前年比9.5%増加し、ほぼ9兆5千億円(600億ドル)に達しました。

輸出は計8兆3千億円(530億ドル)に達し、2022年11月以来最も早い増加傾向を見せました。 米国への輸出はほぼ24%増加し、残りのアジア地域は13%以上増加しました。 これは、2桁の輸出の増加に支えられています。 車両、電子製品、機械。

ヨーロッパとの貿易はほとんど減少した。

日本の輸入価値は、日本円の価値が米ドルやその他の主要通貨に対して下落すると増加する傾向があります。 ドルの価値は1年前140円より上がった158円近く取引されている。

日本はほぼすべての石油を輸入する資源貧困国であり、石油、ガス、その他の燃料の輸入増加が2ヶ月連続5月の赤字の大きな原因です。 5月には果物の輸入も増えた。

しかし、輸出と輸入の両方が増加した最大の要因は、全体的な物価の上昇のために前年同期に比べて価値が膨らんだ、とCapital EconomicsのMarcel Thieliantが報告書で明らかにした。

これは、貿易が経済に及ぼすわずかな影響から明らかになり、今年の第1四半期の経済は1.8%減少しました。

実際、「過去1年間の取引額増加の大半は、目立つ物量改善よりは円安の価格上昇による価格上昇を反映したもの」と明らかにした。

それにもかかわらず、日本の米国に次いで2番目に大きい単一輸出市場である中国との貿易は、日本経済が不動産部門崩壊とコロナ19ファンデミックの余波から徐々に回復し、再び生きている。

機械、製造部品、車両出荷量が大幅に伸びた。

加えて、連邦が高品質のインフレを抑制するために金利を記録的なレベルに維持したにもかかわらず、米国経済は回復力を維持した。

円安は日本政策立案者の間で不安感を助成しています。 水曜日に公開された日本銀行の議事録には、意思決定者が円安がインフレに与える影響について議論する様子が示されており、これは他の主要経済国に比べて比較的低い水準を維持しています。

日本が最も恐れているのは物価が下落し続けるデフレだ。 これは経済が弱まっているという兆候であり、中央銀行は徐々に物価の上昇を防ぐために努力してきました。

IGの市場アナリストであるYeap Jun Rongは、「しかし、今日の貿易データは輸出にプラスの影響を与えていることを強調した」と述べた。

READ  MDA、日本事業開発ミッション主導
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours