トップニュース

日本6月の工場生産量、中国封鎖解除で3ヶ月ぶりに初めて増加

東京、7月22日(ロイター) – 中国のコロナ19規制が緩和された後、日本の6月の工場生産量が3ヶ月ぶりに初めて増加すると、ロイター世論調査が金曜日に示した。

17人のエコノミストを対象とした世論調査によると、日本の6月の産業生産は前月より3.7%増加すると予想した。

しかし、3月以降の最初の月間増加率は、5月の予想よりも大きな7.5%下落と4月の1.5%下落を相殺するのに十分ではありません。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

丸山義正(Yoshimasa Maruyama)首席市場エコノミストは「上海の封鎖解除で一般機械と電子機器の生産が回復したと推定される。自動車生産も部品不足が緩和され回復した」と述べた。 SMBC日光証券。

上海は6月初めに封鎖から外れました。

アナリストらは、日本の製造業活動の回復見通しに対して依然として慎重な立場を見せた。

ノリンチュキン研究所の南武志首席エコノミストは「半導体不足が慢性的な現象になった」とし、「海外主要経済国の原材料価格インフレと金利引き上げの加速化に対する企業の懸念が依然高い」と話した。

今月のReuters Tankan調査によると、日本メーカーのビジネス雰囲気は依然として低迷しており、世界3位の経済規模で伝染病から強力な回復の可能性が狭くなっていることを強調しています。 もっと読む

他の場所でのエコノミストの世論調査によると、日本の物価傾向の先行指標である東京の核心消費者物価指数は、今月のおそらく1年前より2.2%高かっただろうし、インフレは6月の年間2.1%上昇で加速しているを示しています。 食品価格の上昇がした要因だ。

6月の小売販売は1年前より2.8%増加したと推定され、年間拡大の4ヶ月を記録しました。

日本の失業率は5月に2.6%にびっくり上昇した後、6月に2.5%に再び下落し、求職者比率は6月に0.01%上昇して1.25%水準になる可能性があることが調査でも明らかになりました。

政府は7月29日午前8時50分(2350年7月28日GMT)に工場生産および小売販売データを発表する予定です。 東京CPIおよび雇用データは7月29日午前8時30分(2330年7月28日GMT)に終了します。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

小宮関太郎の報告。 ブラッドリー・ペレットの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  オオカミ、浜田勝利で、日本柔道金メダル2個を追加 - NBCコネチカット

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close