トップニュース

日本7月の起源CPI、8年ぶりに最高値に近い2.4%上昇 – ロイター世論調査

2022年5月20日、日本の東京アメ横ショッピング街で人々が道を進んでいる。 REUTERS/キム・ギョンフン

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、8月12日(ロイター) – 日本の7月の起源消費者物価指数(CPI)は前年同期比2.4%上昇するとみられ、これはほぼ8年ぶりに最速で加速されており、4ヶ月間中央銀行のインフレ目標値である2%を超えました。 ロイター世論調査は金曜日に現れた。

ノリンチュキン研究所の南武志先輩エコノミストは「電気とガスの価格が再び加速し始め、加工食品などの製品の価格上昇がさらに広がっている」と話した。

経済学者は、ボラティリティの高い新鮮食品コストを除いて、エネルギーを含む全国的なコアCPIが先月より1年前より2.4%増加したと推定しています。 これは、2014年12月以降の最速の増加であり、6月に現れた年間2.2%の増加につながったものです。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

売上高引き上げの影響で指標が歪んだ期間を除いて、7月の予想CPI上昇は、2008年8月以降に最も速くなります。

来年3月に終わる現会計年度の核心インフレ見通しを2.3%に高める一方、日本銀行は先月超緩和政策をそのまま維持し、流行病被害で依然として請け負っている経済を支援しました。 もっと読む

中央銀行の次期金利検討は9月21~22日に予定されている。

17人のエコノミストの中間推定値によると、他の場所では7月の収入が円安と原材料ラリーで1年前より45.7%急増し、輸出が18.2%増加したと明らかにしました。

日本の7月貿易収支は1兆4050億円(105億3000万ドル)の赤字を記録し、12ヶ月目の赤字を記録した。

設備投資の先行指標である核心機械受注は5月5.6%減少に続き、6月1.3%増加すると予想された。

政府は8月19日午前8時30分(2330 GMT、8月18日)CPIデータを発表する予定です。 貿易および機械注文の数値は、8月17日午前8時50分(2350 GMT、8月16日)に終了します。

($1 = 133.4100円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

小宮関太郎の報告。 ブラッドリー・ペレットの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  アップデート1-日本のNomura、FY22 / 23収益目標14%のコア、卸売腕成長引用

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close