スポーツ

日本8月の起源インフレ8年で最高値

TOKYO (Reuters) – 日本の中核消費者物価上昇率が8月にほぼ8年ぶりに最高水準に上昇した可能性が高い。であることがわかりました。

経済学者たちは、変動性の大きい新鮮食品価格を除いてエネルギーを含む全国の源消費者物価指数(CPI)が先月1年前より2.7%上昇したと推定している。

これは2014年11月以来最も急上昇し、7月の年間2.4%上昇に続いたものです。

南武志ノリンチュキン研究所首席エコノミストは「物価上昇率が7月から上昇したものとみられる」とし「公課金、加工食品、宿泊、外食などの費用が上昇した可能性がある」と話した。

彼は「原材料輸入単価上昇を転加しようとする動きが続いており、8月に全国CPIも同様の結果を見せるだろう」と付け加えた。

ミナミは、予想されるコアCPIの上昇は、過去の売上高の引き上げの影響を除いて、31年で最も速くなると述べた。

この予測はまた、コアCPIが5ヶ月連続の日本銀行(BOJ)のインフレ目標である2%を上回ることを示しています。

BOJは9月21~22日に開かれる次期政策会議で短期金利目標を-0.1%に維持し、国庫10年物金利を0%水準に維持すると約束したことが分かりました。

BOJは2013年に2%のインフレ目標を設定しました。 黒田春彦県総裁は、執権初年度に中央銀行が景気扶養努力を続けると繰り返し言った。 インフレのコスト上昇は一時的なものだからです。 。

政府は中央銀行が政策会議を終了する2日前の9月20日午前8時30分(GMT2330GMT)にCPIデータを発表する予定だ。

(Daniel Leussinkの報告、Kim Coghillの編集)

READ  Kereviは、日本のトップリーグでそれを殺し

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close