日本AH-64アパッチヘリコプターが米海兵隊MV-22Bチルトロッター護衛訓練を初めて実施

1 min read


初めて日本のAH-64アパッチ攻撃ヘリコプターは、訓練中に米海兵隊MV-22オスプレイティルトロッター航空機に護衛支援を提供し、2つの軍隊間の注目すべき協力を示した。

メディアの声明 10月16日、米軍は10月14日に始まり、10月31日に終了するResolute Dragon 23の現場訓練部分に米海兵隊と日本陸上自衛隊航空部隊が参加すると詳細に説明しました。 。

軍は海兵第1飛行団所属海兵中型チルトロッター飛行隊(VMM)262、西部陸軍航空団、第1ヘリコプター旅団と協力して新しい戦術を実験し、両国間の相互運用性を高めるために努力したと説明した。

また、今回の訓練は、日本のAH-64アパッチ攻撃ヘリコプターが北部の九州ヒジュダイ山脈で行われた米海兵隊MV-22オスフリーチルトロッター航空機を近接呼の最初の事例であった。

写真提供:Cpl。 カイルちゃん米海兵隊MV-22オスフリーチルトロッター航空機が海兵中型チルトロッター飛行隊(VMM)262、海兵航空機グループ36、第1海兵航空機飛行隊とともに日本陸上自衛隊AH-64 Apache第1飛行隊と一緒に双方向編隊飛行を行っています。 2023年10月18日日本熊本上空でResolute Dragon 23野戦訓練部分を遂行する西部陸軍航空団第1戦闘ヘリコプター大隊。

VMM-262の作戦役員であるDavid Vanrooy少佐は、長年の共同訓練と訓練によって構築された強力な絆を強調しました。 彼は、この長年の協力が、米国と日本の回転航空部隊が円滑に協力勢力として機能する能力をどのように強調したかについて述べました。

さらに、Resolute Dragon 23期間中に米国と日本のOsprey艦隊が実施した量子整備努力は、合同作戦を強化し、戦略的パートナーシップから派生した相互利益を示しました。

米軍によると、今回の共同努力は地域安全保障の発展に対する米国と日本の意志に対する強いメッセージを伝え、連合作戦で米軍と日本の自衛隊間の協力が増大していることを強調している。

今回のトレーニングは、以前の協力計画をさらに進化させます。 今年初めに行われたIron Fist 23訓練で、第31海兵遠征部隊の航空戦闘要素であるVMM-262(補強)は、日本軍と協力して米海兵隊が参加する護衛任務を遂行しました。 AH-1攻撃ヘリコプターと日本CH-47チヌークヘリコプター。

今回の作戦の成功は、米国と日本が統合戦術、技術、手続きを開発する上で相互利益となるパートナーシップを示し、地域安全保障と安定を維持するための両国の共同献身を示しています。

断固たるドラゴン2023を訓練する

決断力のあるドラゴン23(RD23) 示す 日本自衛隊(JSDF)と米海兵隊が共同で実施する重要な量子野戦訓練だ。

今回の訓練には沖縄キャンプ与那国から北海道ヤウスベツ訓練場まで8つの訓練場に約3,300人の米海兵隊員と4,000人のJSDF隊員が配置される。

ラム・エマニュエル駐日アメリカ大使は 言った Resolute Dragon 23は、自由でオープンなインド太平洋を維持しようとする米軍と日本の同盟国の意志を示す強力なシンボルです。

今回の訓練の規模、包括的性格、実行専門性は、信頼できる抑止力を通じて地域の平和と安定を維持するという献身を強調します。

すべての参加者の専門性と団結は、日米同盟の継続的な力と結束力をさらに強調します。

Resolute Dragon 23訓練:米陸軍兵士が海兵隊岩国飛行場で現場訓練を行っています。
米陸軍特殊部隊海兵隊でResolute Dragon 23の野戦訓練部分の間、第1防空砲兵連隊第1大隊デルタ砲台のパトリオット発射所強化運用員であるCarlton Weyenbergが大型拡張機動性戦術トラックA4誘導ミサイル輸送機に発射台ビームを確保しています。 2023年10月24日、日本岩国飛行場。

Resolute Dragonシリーズは、それぞれ日本陸上自衛隊(JGSDF)の北東部軍と北部軍部隊が参加する日本北部での以前のResolute Dragon 21および22訓練に続き、Resolute Dragon 23に3回目の繰り返しに突入します。

JGSDF西部軍と協力して、Resolute Dragon 23は同種訓練の中で最も規模が大きく包括的な訓練です。

RD23は、空中地上統合および除兵兵器の射撃訓練に焦点を当て、防御能力を強化し、米海兵隊とJSDF間の相互運用性を促進するように戦略的に設計されています。

日本AH-64アパッチヘリコプターが米海兵隊MV-22Bチルトロッター護衛訓練を初めて実施
AH-64 Apache/Wikipedia

RD23の訓練部隊は、第1の煉瓦船内で待機電力の一部として服務しながら、両者間指揮、統制、およびマルチエリア起動能力を練習します。

沖縄に駐留した米海兵隊12連隊司令官のピーター・エルトリンガム大佐は、ヤウスベッツで同盟国と一緒に訓練する機会に感謝を表明しました。

彼は、そのような訓練経験がどのように強力なパートナーシップを強化し、緊密な調整と相互補完的な能力を可能にするかを強調した。

これは最終的に統合され結束されたチームであり、すべての危機に対する統一された対応を可能にし、力は団結に見られるという原則を示しています。

READ  GDコリア展望、日本のBEVチャレンジ、タイ電動化 - 今週
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours