経済

日本ANA、第3四半期の営業利益赤字がびっくり

全日本空輸(ANA)職員が東京国際空港ターミナルカウンターでコロナ19(COVID-19)発生による感染予防のために設置されたプラスチックカーテンの後ろにマスクを着用したまま座っている。 東京ジャパン2020年10月27日。 REUTERS/キム・ギョンフン

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

  • 目標より4分の1も早く削った
  • ファンデミックの第8四半期に初の営業利益
  • 貨物収益は記録的なレベルに増加し、コストは減少した。

東京、2月1日(ロイター) – 日本最大の航空会社であるANA Holdings Inc(9202.T)は、火曜日1億円($869,716)の小さな第3四半期の営業利益を報告し、Omicronの出現にもかかわらず年間ガイダンスを維持しました。 コロナウイルスの変種。

12月31日に終了した四半期の損益分岐点をわずかに上回る数値(8四半期ぶりに黒字)は、Refinitivが調査した5人のアナリストが予測した平均営業損失165億円を上回りました。

第4四半期の営業利益黒字転換というANAの目標も達成した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

ANAは、2022年3月までの12ヶ月間に1,250億円の営業損失の見通しを維持しました。 これは、Refinitivが調査した11人のアナリストが予測した平均損失額1,306億円と比較されます。

航空会社は日本がファンデミック関連緊急事態を解除した10月に国内線旅客需要が大きく改善されたと明らかにした。

ANAはまた、第3四半期の間にコスト削減と記録的な航空貨物収入の恩恵を受けましたが、国境制限のために国際旅客旅行はまだ停滞しています。

しかし、今四半期には、国内市場で記録的なCOVID-19ケース数による潜在的な逆風に直面しています。

日本は先週、政府がオミクロン変種によるCOVID-19事例の波に対応しようとしたことにより、より厳しいコロナウイルス抑制対象地域を全国の70%に拡大しました。 もっと読む

縁石は2月20日まで続き、地元のガバナーがレストランやバーに営業時間を短縮し、酒類の販売を中止する権限を与えます。

月曜日の政府調査によると、日本の消費者信頼指数は1月に2.4ポイント下落し、8月以降の最低値を記録しました。 もっと読む

($1 = 114.9800円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京のMaki ShirakiとシドニーのJamie Freedの報告。 Kim Coghillの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  チェンナイを拠点とするRam Charan Company、オリンピック金メダリストUsain BoltのEVベンチャーに充電器を供給 - New Indian Express

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close