経済

日本ANA、第4四半期営業赤字発表、展望改善中

2014年2月14日、東京羽田空港に駐車された全日本空輸(ANA)飛行機の近くで一人の男が働いている。 REUTERS/Yuya Shino

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、4月28日(ロイター) – 日本航空会社ANAホールディングス(9202.T)がコロナ19により第4四半期の営業損失を記録したが、国内需要が回復し、国際規制が緩和され、今年会計年度に黒字転換が予想される。 。 ロイターが集計した3月31日締め切り3ヶ月間の営業損失は573億円(4億4000万ドル)で、1年前の1024億円で縮小した。 先週、航空会社が表示した営業損失は第9四半期ぶりに8番目です。 続きを読む ANAの今年度の年間営業利益予測値は500億円で、Refinitivがアンケートした12人のアナリストが予測した平均423億円より高かった。

中弘中堀ANA最高財務責任者(CFO)は声明を通じて「国内旅行の増加、貨物販売の好調、国際交通成長のための有利な条件とともに運営コストを削減することに継続的に集中すれば、より良いFY2022になるだろう」と言った。

売上は部分的に記録的な貨物実績に支えられ、40%増加した1兆2千億円と昨年度に増加しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

日本では、3月末にすべての国内ファンデミック制限が解除されたファンデミック以降、乗客回復の刺激的な信号があります。 ANAは先週基準で「ゴールデンウィーク」として知られる来週祝日に航空券を予約した乗客数が1年前より約47%増加したと明らかにした。 しかし、ANAと競合他社のJapan Airlines Co Ltd(JAL)(9201.T)は、日本の長期的な国際国境制限とウクライナ戦争による燃料コストの上昇による不確実性に直面しています。

岸田文夫首相は、海外観光客への国境開放について繰り返し決定し、学生やビジネス旅行者に対する感染症関連の禁止を解除しました。 アナリストらによると、観光客禁止措置は7月の日本総選挙以降まで解除されない可能性があるという。

($1 = 130.0600円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

報告:杉山里、編集:Jamie Freed

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の銀行MUFG、私募ファンドのために3人のマネージング・ディレクターを採用

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close