日本Bリーグ大阪で遊ぶパーク

1 min read

レイパークス(1)

Facebook / Japan B.リーグ

フィリピン・マニラ・レイ・パークスが日本Bリーグの大阪・エベサと再契約を締結した後、日本に滞在していると選手団が水曜日に発表した。

名古屋ドルフィンズで競技当たり平均8.8得点、3.7リバウンド、2.2アシストを記録したパークスは今シーズン大阪でプレーすることができて嬉しいと語りました。

「大阪のエベサと一緒に新しいステージを楽しみにしています。 すべてのファンとブースター、チーム、そして大阪市の希望を背中にアップしてプレイすることになってとても嬉しいです。 皆さんの熱烈な応援で応援してほしい」と話した。

PBAで数年を過ごした後、彼は2021年に名古屋と契約し、彼の才能を思い浮かべる太陽の国に連れて行きました。

先月ドルフィンズとの契約が満了した。

大阪の狩野翔太団長は、パークスをチームに「特別なアジア選手」として置くことができて嬉しいと語った。

彼はGoogleが翻訳した声明で「彼は3点シュートで有名なだけでなく、守備でも飛び回ることができる」と話した。

「彼は大阪エベサのプレイスタイルにぴったり合っており、私たちは彼が素晴らしい仕事をしてくれると確信しています」と彼は付け加えました。

「彼は自分のプレーに非常に情熱的で、私たちは彼がすぐにファンを興奮させる多くのプレイを私たちに見せてくれると確信しています」

READ  MLB噂:ヤンキースのLuis Castillo推測が撃墜された。 Mets、George SpringerのBlue Jaysリーダー
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours