スポーツ

日本FIFAランキング歴代サッカー選手TOP 10

日本は1998年以降、すべてのワールドカップに参加しました。 Samurai Blueはグループステージを2回通過し、最高の成績はグループで優勝した2002年です。

彼らはまたアジアカップで過去6つの大会のうち4つの大会で優勝するなど多くの成功を収めました。 近年、日本選手たちが欧州チームに加わった結果、サッカーは日本でますます人気を集めている。

10.悠二中沢(1999-2010、17ゴール)

100回の国際競技に出場した日本サッカー選手4人のうちの1人である中沢は自国の英雄です。 36歳の選手は、決定的な瞬間にゴールを決める才能を持つタフタックルディフェンダーでした。

9. Junichi Inamoto (2000-現在, 5ゴール)

イナモトは、ヨーロッパでプレーする最初の日本選手の一人で、ブロンドの髪を漂白しました。 所属チームはアーセナルだったが、入団をめぐる期待に応えにくかった。

8. 岡崎真司(2008-現在、38ゴール)

28歳の岡崎はまだ日本代表チームの得点順位を上がる時間がある。 彼は現在原広美と共に共同3位ですが、55ゴールを入れた2位三浦和吉は、彼が選抜され、身体的に健康であれば達成できるようです。

7. ホンダ圭介 (2008-現在、20ゴール)

2010年以前にブルームフォンテインでカメルーンを相手にしたホンダのゴールで、日本は遠征試合で初のワールドカップ優勝を獲得しました。 この積極的なミッドフィルダーは、役割を変え、岡崎に堪能なゴールを決める前に、最終的な試合でデンマークに対抗してゴールを決めました。

彼はそのトーナメントで日本の4試合のうち3試合でFIFAのMan of the Matchに選ばれ、今年の日本選手タイトルを獲得しました。

6. 中村俊介(2000-2010、24ゴール)

ケルトサポーターの間でまだファンの愛を受けている中村は、パークヘッドで4年間、何度も目立つ活躍を繰り広げました。 2005年にスコットランドに移籍する前は、アトレティコ・マドリード、ボルシア・ドルトムントなど、いくつかのチームとつながっていましたが、自分の獲得のための戦いが価値があることを素早く証明しました。

5. 遠藤康人(2002-現在、12ゴール)

多くの外国の同僚とは異なり、Endoは海外で自分自身をテストする必要があるという圧迫感を感じたことがありません。 34歳の彼は、横浜フルゲルズと京都パープルサンガを経て、2001年からガンバ大阪に加わりました。 EndoはGambaに加わった後、J-League Team of the Seasonに10回選ばれました。

4. 中田秀俊(1997-2006, 11ゴール)

中田が29歳でやめると言うので、膨大な能力の無駄が感じられた。 結局彼は2002年パルマがユベントスを破ってコパイタリア優勝を、2001年ASローマと共にセリエA優勝を占めるなどイタリアで相当な印象を残した。

3. 香川真司(2008-現在、17ゴール)

わずか25歳のKagawaが彼のキャリアを終えたとき、彼は日本の最高のサッカー選手と見なされる可能性があります。 セレッソ大阪が印象を残した後、ボルシアドルトムントはプレーメーカーを2010年に£300,000未満でブンデスリーガに迎え入れました。

結局、彼はドルトムントがチームとの2シーズンの間にブンデスリーガで2回勝利するのを助け、購入価格を平凡な盗難のように見せるでしょう。

2.三浦和吉(1990-2000、55ゴール)

1967年生まれの三浦は47歳で驚くべきことに、まだプロサッカーに従事しています。 2005年横浜FCに入団し、現在Jリーグ2部リーグチームの攻撃コーディネーターを務めている。

彼は1994年に彼の初期のキャリアのゴールスコアの能力のためにジェノアが彼に魅力を感じたため、セリエAでプレーする最初の日本のサッカー選手でした。 しかし、彼はヨーロッパの生活に適応することが難しく、ディナモザグレブと一緒にクロアチアにしばらく滞在し、すぐに故国に向かいました。

1. 鎌本国西(1964-1977, 80ゴール)

1993年Jクリエイションリーグとそれに伴うすべての成功と関心があるずっと前に、あるクラブの男 Kamamotoは日本が作った最初の偉大なスーパースターでした。

現在70歳のKamamotoは、クラブと国の両方の目標に大きく依存しています。 センターストライカーは、ヤンマー・ディーゼルで17年間のプレー中に250ゴール以上を獲得しました。 彼が3つのキャンペーンで2桁の収益を生み出すのに失敗したのは印象的です。

READ  MLB噂:ヤンキースのLuis Castillo推測が撃墜された。 Mets、George SpringerのBlue Jaysリーダー

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close