トップニュース

日本FSA、水戸に構造改革の指示

Mizuhoはガバナンスを改善し、より多くのシステムエラーが発生しないように計画を立てるよう指示を受けました。 3人の最高経営者が辞任する予定だ。

日本金融庁(FSA)が新規発行 事業改善命令 Mizuho Bankとその親会社であるMizuho Financial Groupに対して、今年銀行と顧客に影響を与えた8つのシステム障害があります。

命令書では、FSAは銀行が日本の決済システムに対する信頼を損なっており、経営陣が責任を負うべきだと述べた。

2019年にMinoriとして知られる新しい4000億円(35億ドル)のコアシステムの発売以来、ミズホはシステム部門に経験不足の役員を配置し、コストを削減するために人材を60%削減したとFSAは伝えた。

FSA関係者は「水戸は競争銀行に比べて収益性が低く、緊急を感じてコストを下げるしかなく、人件費とシステム関連費用が減った」と話した。 報道によると 言った。

もう一つの金融監督院関係者は、水戸経営陣が銀行システムを優先視する傾向が問題の根本原因だとし「システム事業部と最高位経営陣との疎通が不十分だ」と話した。

FSAはまた、水保の経営陣が銀行システムに関連するリスクを過小評価し、現場の状況に十分注意を払わず、従業員が声を高めるように奨励しない文化があると述べた。

この指令は、みずほ経営陣がシステム障害の発生を防止する責任を無視し、システム障害の再発を防ぐために銀行に大胆な対応策と構造的支配構造改革を要求することを明らかにしました。

Mizuhoは、12月末までに事業改善計画を策定し、実行状況の四半期ごとの更新を提供するように指示されました。

これに対し、みずほフィナンシャルグループの堺越文CEO、佐藤康宏会長、藤原浩二みずほ銀行社長は、この欠陥に対する責任を負うために4月まですべて辞任する予定だ。

業務改善命令は去る9月金融監督院(FSA)がミズホにITシステム、細部改善方案、顧客対応方案などの報告書を10月末まで規制当局に提出するよう指示したのに続き今年2番目だ。

これとは別に、日本の財務省(財務省)は去る9月、システムエラーで遅延した海外送金に対する銀行の不適切な対応について、水戸に是正措置を指示した。

これは1998年に改正された外国為替および対外貿易管理法に基づいて下された最初の命令だ。

ミズホはまた、9月の欠陥後にAMLおよび外国為替取引システムの制裁チェックを一時的に中断することに決定された場合、遅延送金を加速するために質問に直面すると予想されます。

代わりに、水保のコンプライアンス部門は、送金が行われた後、監視リストの審査が行われた。 報道によると 法に違反した事実を知らなかった。



READ  松本人志言いたいことは山のように言うことができるのは、いくつかの - 笑い:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close