日本JERA、LNG調達コストの削減により、2012年22月期の業績見積り上方調整

1 min read

東京、1月30日(ロイター)-日本最大の発電会社であるJERAは月曜日3月31日まで年間純利益が1000億円(7億6900万ドル)だと明らかにした。 円、予想より低い燃料調達コストのため。

財務責任者の吉田哲夫氏は、記者会見で「私たちは冬の間にグローバルLNG市場がタイトだと仮定したが、ヨーロッパの暖かい天気のおかげで市場が緩和され、物量と価格の面で調達環境が改善された」と述べた。

取引単位であるJERAGMの予想より高い収益と、世界最大のLNG買い手の1つであるJERAは、需要が低いときにいくつかの超冷却燃料を再販することで収益が増加したとYoshidaは述べた。

Yoshidaによると、改正された指針は、JERAが3月末までに米国2位のLNG輸出国であるFreeport LNGから燃料を供給されないという仮定に基づいたものです。

LNG会社の工場は2022年6月8日にパイプライン爆発で閉鎖され、再開が遅れました。

Freeport LNGは先週、連邦規制当局からテキサス工場の再稼働のための初期措置を取るための承認を受けましたが、まだ施設の再稼働許可を求めていません。

吉田は「工場稼働がいつ再開されるかは分からない」と話した。

東京エレクトリックパワーカンパニーホールディングスの合弁会社JERA (9501.T) 中部電力 (9502.T)10月にFreeport LNG火災に関連して1,100億円の損失を記録すると発表した。

11月に、ジェラ社長の佐藤雄也は、フリーポートが12月中旬に部分的な運営を再開し、3月までに出荷が完全に戻ると予測しました。

Freeportの再稼働の遅れにもかかわらず、JERAは火災による損失の見積もりを1,100億ドルに固執し、現物のLNG価格の下落が遅延の影響を相殺するのに役立つとYoshidaは述べた。

インザレッド

日本のユーティリティは輸入燃料の高コストと円安に苦しんでいますが、企業が春に家庭用電力価格を引き上げる計画であるため、4月から始まる来年の事業年度には状況が改善するものと見られます。

月曜日、JERAの50%を所有しているChubu Electricは、最近の燃料コストと地域の卸売価格の下落を引用し、2022/2023年の見通しを10月の1,300億円の損失見積から500億円の純利益に引き上げました。 電気価格。 4~12月の純損失は375億円を記録した。

北陸電力 (9505.T)一方、9ヶ月間に758億円の純損失を記録した後、900億円の記録的な純損失という年間予想に固執しました。

($1 = 130.0900円)

報告:Yuka Obayashi、追加報告:Katya Golubkova。 Christopher CushingとLouise Heavensの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ポンドはワクチン楽観主義に$ 1.40を記録した。 イギリスの小売り販売8.2%下落 - 事業開始| 事業
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours