技術

日本M-TechX、ドバイナノファイバー工場建設のためUAE BNPグループと5億ドル契約締結

東京に本社を置くナノテクノロジーの先駆者であるM-TechXは、UAEベースのBNP Groupと5億ドルでドバイ・ゼベル・アリ(Jebel Ali)に先端ナノファイバー生産工場を設立する契約を締結しました。

同工場は来年末までに稼働し、数百の新しい雇用を生み出すと、企業は水曜日の共同声明で明らかにした。

彼らは、特に急成長しているUAEの知識ベースの経済と、より広い中東に役立つナノファイバー工場がUAEに基づいたエージェントに重要な知識移転を提供すると述べました。

これにより、地域企業は「現地で持続可能なナノファイバー事業を開始し、「Made in UAEプログラム」に実質的に貢献しながら、全体的な雇用機会を創出」することができます。

M-TEchXは、厚さがわずか数ナノメートルに過ぎないナノテクノロジーで作られた特殊ナノファイバーである「マジックファイバー」として知られるスーパー素材を発明したことで有名です。

Emergen Researchは、世界のナノテクノロジー市場規模が昨年758億ドルから2028年の2,909億ドル以上に達すると予想し、年間約18.3%の成長率を示すと報告しました。

M-TechXが発明し特許を取得したマジックファイバーは、今月ドバイエキスポ2020現場で開かれるプラネットジャパン展示会で中東で初めて登場しました。

Hiroyoshiは、「展示会に参加したことで、UAEに高度なナノファイバー技術工場を設立することに関連して、BNPグループと地元のパートナーであるSheikha Mouzaの投資とコンサルティングと非常に実践的な議論をすることができました」と語った。 M-TECHXのCEOであるSotaは次のように述べています。

「このシナリオは、UAEとの新たなビジネス協力の開始を表しています。」

マジックファイバーは、ホルムアルデヒド、ヒ素、水銀、クロムなどの有害物質が含まれていないため、医療用として安全だと業界専門家らは伝えた。

屋内および屋外の条件のすべての表面であらゆる種類の油を吸収することができる超極細魔法繊維シートは、海洋油の流出やその他の環境災害に関連する環境状況でも有益であることが証明されています。

更新:2021年12月15日午後5時34分

READ  アール体高スの成長に魅了された野村は、冗長性局カムバックのチャンスをつかんだ

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close