日本MOFの神田、円安の警告

Estimated read time 1 min read

経済


東京、3月25日(支持通信) – 月曜日、神田雅人日本国際部次官は、ドルが日本通貨比4ヶ月ぶりに最高値を記録した後、最近円が弱気を見せていると警告しました。

最近、ドル-円為替レートの動きは「(経済的)ファンダメンタルと一致しない」とカンダは記者たちに語った。 「開発の背面には明らかに推測があります。」

彼は「過度な変動幅については、いかなる手段も排除せずに適切な措置を取る」とし「政府は為替市場の介入など措置を取る準備が常に行われている」と話した。

神田は「私たちはわずか2週間で4%も動いたドル-円為替レートの大きな変動を目撃した。私たちはそれについて不快感を感じる」と話した。 「投機による過度の変動は国民経済に大きな影響を及ぼすので許容できない」

神田は金曜日ドルが4ヶ月間最高値の151.86円を記録した後、日本がいわゆるステルス介入を実施し、直ちに措置を発表せずにドルを売るために円を買収した2022年10月に表示された151.94円の主要水準に近づいた。後にこう言いました。 。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  2022年の市場に影響を与えるオーストラリア、日本、その他のアジア太平洋諸国の選挙
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours