日本MOFの神田、円安の警告

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
東京の財務省本部ビル。

東京(Jiji Press)―日本財務省次官神田真里(Masato Kanda)は、月曜日の円の価値が日本通貨に対して4ヶ月ぶりに最高値を記録した円の弱さについて警告しました。

最近、ドル-円為替レートの動きは「(経済的)ファンダメンタルと一致しない」と神田は記者たちに語った。 「開発の背面には明らかに推測があります。」

彼は「過度な変動幅については、いかなる手段も排除せずに適切な措置を取る」とし「政府は為替市場の介入など措置を取る準備が整っている」と話した。

神田は「過度の変動は国家経済に深刻な否定的な影響を及ぼすため容認できない」と付け加えた。

神田は金曜日ドルが4ヶ月間最高値の151.86円を記録した後、日本がいわゆるステルス介入を実施し、直ちに措置を発表せずに円を買収してドルを売却した2022年10月に表示された151.94円という主要水準に近づいた。後にこう言いました。 。

最近の円安は、日本銀行が先週のマイナス金利政策を破棄した後、まもなく追加金利を引き上げないという市場参加者の見解を反映している。

ドルの価値は、月曜日の東京午前9時151.30-31円で、金曜日の午後5時151.41-42円より下落しました。

READ  日本首相、スキャンダルの中で内閣粛清予定報道
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours