経済

日本MUFG銀行、3D地図データ事業進出

読売新聞ファイル写真
MUFG銀行のロゴが東京に見える

MUFG銀行は3D地図データ制作生産を含む空間データ事業に進出したと銀行とパートナー会社が明らかにした。 3D地図データは自律走行車とドローンの普及に不可欠であり、銀行は顧客基盤を活用して現場で多様な事業展開を推進する計画だ。

銀行はトヨタモーター株式会社。 その他の企業から投資を受けた主要な3D地図データ生産会社であるDynamic Map Platform Co.(DMP)と、新しい合弁会社であるDMP Axyzを設立しました。 両投資家の発表によると、新会社は銀行から資本金の約5%、DMPから残りの95%程度を受けた。

DMPは、日本全域の約100,000kmに及ぶ高速道路や道路に関する3D地図データを所有しています。 このデータは現在、トヨタモーター株式会社、ホンダモーター株式会社、日産モーター株式会社を含む自動車メーカーによって開発された自律走行およびドライバー支援技術に使用されています。

DMP Axyzはこのデータを他のビジネスに活用します。 たとえば、同社は2023年から全国の自治体や道路管理会社に除雪支援システムを提供する予定です。 このシステムは、大雪で覆われた道路を3Dマップで見ることを可能にし、雪の安全性と効率を向上させます。 削除。

ドローンを活用して災害状況を判断しようとする保険会社と無人宅配便の収集導入を考慮中の物流業者の需要も期待される。

今後、自律走行タクシー、ドローン飛行支援などでデータ活用を拡大する計画だ。

また、顧客の要請を地図データ制作に反映し、走行距離や経路に応じて料金を変更できる決済システムを開発する一方で、こうした先端技術を活用したスマートシティの活性化も期待している。

READ  140カ国以上、ロシア戦争による展望の下方修正:IMF

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close