日本NECが5億ドル規模のデータセンターを売却検討中

Estimated read time 1 min read

この問題に精通した消息筋によると、NECは日本の技術グループがポートフォリオを簡素化し、非核心資産を売却して現金を調達しようとするため、データセンターの売却を検討しているという。

東京上場会社は、4億~5億ドル(591億~740億円)の価値がある事業売却の準備を支援するために財務アドバイザーを雇う計画だと、消息筋は明らかにし、身元を明かさないように言いました。 なぜなら審議は非公開だからだ。 他のデータセンター運営者とインフラ中心ファンドもこの資産に予備的な関心を示したと消息筋は伝えた。

人々は、考慮事項が予備段階であり、正式な販売手順は今年末までに開始されない可能性があると述べた。 NECはまた、事業の少数の持分を維持するか、資産をより長く維持することを決定する可能性があると消息筋は述べた。

NECのスポークスマンはコメントを拒否した。

ウェブサイトによると、1899年に設立されたNECは、情報技術とネットワーク通信、バイオメトリクス、モノのインターネット、人工知能技術に焦点を当てています。

NEC株価は過去12ヶ月間に2倍以上上昇し、会社価値を約200億ドルと評価しました。 行動主義投資家の圧力に基づき、当社は日本のチップメーカーであるレネサスエレクトロニクスの株式を含む非核資産を売却してきました。

2月、NECは日本航空電子産業(JAA)の持分の一部を再び会社に売却し、持分を50.8%から約34%に減らした。

オアシスマネジメントはかつて自社株買取中止可処分申請を出したが、裁判所で以後棄却された。

READ  Amazon.com、Inc. (NASDAQ:AMZN)、Apple Inc. (NASDAQ:AAPL)-Tileは、AppleのAirTagに匹敵するAmazonパートナーシップに基づいています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours