日本ODX取引所、デジタル証券取引開始

Estimated read time 1 min read

大阪デジタル取引所(ODX)が日本初のデジタル証券取引プラットフォームの発売に関する規制承認を受け、1か月で運営を開始します。

ODX 発表 国内金融庁(FSA)から証券トークン自己売買システム運営承認を受けたと明らかにした。 また、新しいプラットフォームの名前はSTARTと名付けられ、日本の金融界の新しいデジタル時代の始まりを象徴することを明らかにしました。

ODXは以前 設立 2021年には、日本最大の金融サービス大企業の2社である三井住友銀行(Sumitomo Mitsui Banking Corporation)が株式40%を所有し、SBIホールディングスが株式60%を保有した大株主です。 分散元帳技術を活用し、運用時間を延長し、円弧のサイズを縮小し、東京証券取引所と競争しようとします。

発売と同時に、デジタル証券取引プラットフォームは デビュー 日本最大の不動産・再生可能エネルギー会社のひとつであるイチゴが30億円(米ドル2,010万ドル)規模の証券トークンを販売しました。

Ichigo Residence Tokenとして知られるこのトークンは、「市内へのアクセス性が高く、非常に便利な賃貸住宅用不動産」6社に投資する予定で、Ichigo Groupセキュリティトークン史上最大の発行価格になると予想されます。

Ichigoは数十億ドル規模の巨大企業ですが、最初の証券トークン販売規模を見ると、市場参加者が膨大なお金を投資する前にまだ技術をテストしていることがわかります。 別の不動産資産管理大企業であるKenedix Inc.は、次にODXにトークン販売を上場する予定です。

日本は、多くのアジア諸国と同様に、経済を改革するために証券のデジタル化を加速した。 ODXがプラットフォームを使用するデジタル証券発行会社であるProgmat Inc.によると、日本企業は1,270億ウォン(9,800万ドル)相当の証券トークンを発行しました。 そのほとんどはホテル、リゾートなどの不動産に集中しています。

日本は香港とシンガポールのアジア証券トークンハブになるための激しい競争に直面しています。 前者は近いうちに実際の資産をトークン化するための規制フレームワークを発売する予定です。

シンガポール中央銀行は、英国FCA、スイスFINMA、日本中央銀行と協力して資産トークン化のスピードを高めています。

例: 金とステープルコインのトークン化

width=”560″ height=”315″frameborder=”0″allowfullscreen=”allowfullscreen”>

ブロックチェーンは初めてですか? ブロックチェーン技術の詳細については、最高のリソースガイドであるCoinGeekの初心者のためのブロックチェーンのセクションをご覧ください。

READ  日本、東京にNATO連絡事務所開設推進
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours