トップニュース

日本Q1アルミプレミアムが20%下落した$177/T – ソース

  • プロデューサーが提案した最初の提案は、$193-$195/Tでした。
  • 6年ぶりに第1四半期減少記録
  • 海外保険料下落反映、生産量回復鈍化

東京、1月5日(ロイター) – 1月から3月まで、日本のバイヤーに対するアルミ出荷プレミアムはトン当たり177ドルで前四半期比20%下落した。 現地現物プレミアムと海外価格が低くなったためだ。 水曜日に言った。

これは10月から12月に支払われた1トンあたり220ドルから減少し、6年ぶりに四半期ごとの下落を記録しました。 また、生産者が提案した1トンあたり193ドルから195ドルの初期提案よりも低くなります。

日本はアジア最大の軽金属輸入国であり、主要金属出荷のプレミアムは、その地域のベンチマークであるLME(London Metal Exchange)の現物価格より毎四半期支払うことに合意しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

世界中の需要がファンデミックに起因する低迷とコンテナの不足による配送遅延と運賃の引き上げにつながった一方、最高生産国である中国の生産量は停電により鈍化するため、プレミアムが2020年$79-$88から2021年トン当たり$130- $220に上昇しました。 そして政府の環境政策。

日本貿易会社のある消息筋は「しかし昨年の増加傾向が過度だった」と話した。

今回の四半期の下落は、米国と欧州の市場の下落を追跡した日本とアジアの他の地域の現物プレミアムの下落を反映し、国際トレーダーが会計年度末の在庫を減らすために割引を取ったためだと述べた。

日本のエンドユーザーのもう一つの情報源は、自動車生産量の遅い回復も需要の見通しに負担を与えたと述べた。

日本の自動車メーカーは、1月に国内5工場で生産を中断することを明らかにしたトヨタモーター(7203.T)を含め、継続的な部品やチップ不足で苦労しています。 もっと読む

しかし先月末、高い電力価格で2つの製錬所が減算した後、金属価格と海外プレミアムが再び上昇しており、供給不足の懸念が高まっている。

Alcoa(AA.N)はスペインのSan Ciprian工場で2年間生産を中止し、Norsk Hydroが所有するスロバキアのアルミニウム工場は生産量を約60%削減しました。 もっと読む

ある生産者の3番目の消息筋は「中国の生産が停戦から回復されず、2月北京冬季オリンピックが終わるまでは回復されないだろう」とし「アルミニウム市場はさらにタイトになると予想される」と話した。

消息筋は、会談の敏感さのために名前を明らかにすることを拒否しました。

日本の主要アルミ取引会社Marubeniは、日本プレミアムが今年1トン当たり$140~$250の範囲にとどまると予測しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

小林優香レポート Andrew Heavens and Mark Potter 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本では、斬新なお菓子が季節を表示します

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close