日本UNGL、再びCNMIを訪問スポーツ

Estimated read time 1 min read

日本のグローバルリーダーシップ開発のための大学ネットワーク学生がサイパンマラソンに合わせて再びCNMIに向かいました。

UNGLDは日本西部地域の20の大学で構成されており、会員は国内および海外でトレーニングプログラムを計画および実行するために協力しています。

合計25人の学生と5人の教職員とともに、3月1日から3月10日まで約10日間サイパンでサッカーをして学校を訪問し、リーダーシップと関連技術、知識、思考方式を開発し、サイパンマラソンに参加しました。

学生たちは、主要スポーツであるサッカーに加えて、日本の武術人剣道に参加し、水泳もする時間がありました。

このプログラム自体は、2014年から始まった大流行期間中に2回のオンライン交流を含む12回目の繰り返しです。 彼らは2021年と2022年に旅行をしなかった後、2023年にNMI選手と親善試合を行いました。 また、昨年は25人の学生と8人の教授陣が3月5日から10日まで行われたプログラムには3つの大学(愛媛大学、岡山理科大学、京都外国語大学)が参加し、他の学校と文化交流を繰り広げた。

博多慶次教授は去る金曜日クラウンプラザリゾートサイパンでのインタビューで、自分たちがここにいた時は実際にサイパンマラソンが開かれるかもしれなかったので訪問時期が良かったとし、自分と他の二人が5Kと10Kに参加したと話しました。 イベント。

ハタは何年もの間サイパンを訪れ、過去の台風によってスポーツ施設がどれほど破壊されたかを目撃しました。 今、彼はNMIサッカートレーニングセンターとOleaiスポーツ複合施設が大幅に改善されたと述べた。

「過去2回の強力な台風で被害を受けたオレアイスポーツコンプレックスが大幅に改善されたことを見ました。 住民や訪問者がさまざまな活動を行うことができるように、このようによく管理された施設があることは本当に良いことです。 来年、学生たちをサイパンに連れて行くと、オレアイスポーツ複合施設をイベントに活用したいと思います。」とハタは言いました。

スポーツ観光専門家のハタら4人が今年8月に再び北マリアナ諸島を訪問する予定であり、番組参加者は来年もまたここを探す予定だ。

サイパン観光についてハタ代表はサイパンは自然が美しく、釣り、海洋スポーツ、スキューバダイビングが好きな日本人が多く、日本観光客をより多く誘致できると話した。

波多さんはサイパンのリゾートが好きですが、サイパン訪問が好きな最も重要な要素は人だと付け加えました。 「ここの人はとても親切です。 私は彼らを愛しています。」と彼は言いました。

READ  バドミントン:日本、Uber Cup準決勝で韓国と簡単に勝つために、Thomas Cupでも驚き無し、Sport News&Top Stories
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours