経済

[日沼 諭史 몸싸움 우연히!]個人スポーツイヤホン決定戦! 会議、自転車、ランニングをすべてカバーすることは? – AV Watch

スポーツワイヤレスイヤホン最近3製品を使用して、

私生活も仕事もほとんど家とオンラインで進むことができようにすることの周りに配置が以前とは少しずつ変わってきたという人も多いのではないだろうか。

筆者はどうなのか、メインPCがデスクトップモニターは新調した。 オンライン会議の取材のためにアクションカムをWebカメラ化した後、それを良い感じに固定する周辺機器を購入挙げた。 家にこもっバクヒョグァ運動不足になるので、健康のために室内サイクリング環境を忠実にし、家庭で調理することも増えたのでナイフを2本買い足した。 今日も自ら審判会がおいしい。

そんな中で、少しずつ不満が溜まってきたことが、ヘッドフォンやイヤホンなどの装置である。 オンライン会議の取材は、ヘッドフォンや外部スピーカーを使用して、室内サイクリング中にイヤホンで動画視聴。 また、走ることと、音楽を聴いて、別のイヤホンをする。 実に面倒だ。

なぜいちいち用途ごと変えるかというと、あなたのデバイスには、それぞれの方向不適合があり、区分しかないだろう。 可能であれば、これらすべてを1つのイヤホンでカバーしたい。 少なくともスポーツに使用する以上は、スポーツイヤホンが良いものであり、仕事、屋内サイクリング、屋外ランニングの3つの用途を兼ねた場合も、無線が都合がよい。

ば、すべてのシーンでバランスよく利用できるスポーツワイヤレスイヤホンを検索するしかない。 だから、筆者が個人的に決定版と思われるスポーツワイヤレスイヤホンを求め、3つの製品「Bose Sport Earbuds」(税込み2万4,200円)、「NUARL N6 mini」(同1万890円)」AfterShokz OpenMove」(同9,999円)を試してみることにした。

日・自転車ランニング、3つの状態における課題

今回は3つの製品について、筆者の主な用途である「オンライン会議の取材」と「室内サイクリング中の動画・音楽」、「屋外ランニングをしながら音楽を再生」という3つの状況の両方で総合にどのよう快適に使用することができまたはをテーマにしている。 だからまずは、筆者がそれぞれの状況で何が問題だと感じているかを説明しますね。

最初の “オンライン会議の取材”は、再生装置は、デスクトップPC(Windows 10)が前提となる。 ここで要求されるイヤホンの性能では、音声聴覚も重要ですが、どちらかというと、長時間着用して続けると、ストレスが気になる部分。

オンライン会議の取材では、外部スピーカーとマイクを使用することも多い

なぜなら、数十分程度の短い会議もあるが、概ね1時間前後取材内容に応じて、1時間半〜2時間に配列してさらにダブルヘッダーのトリプルヘッダーもあるからである。 最近では、クワッドフルヘッダもあった。 つまり4連続である。 つらい。

オンラインでの物理的な移動が不要になり、そのおかげで時間・体力は節約することができたが、このように同じ日の会合と取材が相次いで入ることも珍しくない。 当然、これまでずっとイヤホンを装着しているわけはストレスを感じずに長時間着用してできるかどうか、ということは、かなり重要なものである。

第二の「室内サイクリング中の動画・音楽」(連続使用時間は1時間程度)は、再生装置にスマートフォン「arrows 5G F-51A」を使用する。サイクリング中のフィット感に加えて、大量に汗をかく状況での利便性とサイクルトレーナー、比較的大きな音をどのように遮断して動画・音楽を聴く容易にするか近くが課題となる。

室内サイクリング中の動画・音楽の利便性も追求したい

三番目の “屋外ランニングをしながら音楽を再生」(連続使用時間は1時間以内)は、スマートウォッチ「Garmin Fenix 6S」を使用する。 走るときの振動が大きため、この状況では、フィット感が最も重要である。 重量多かったりずれたり、耳から抜けてしまうような不安があれば、不必要に気力・体力を消耗してしまう。 また、屋外で動くときのアクセス自動車などの音で危険を感知するために音楽が少し聞こえにくくても、周囲の雑音をある程度聞き取れた方がよいこともある。

もう1年の付き合いになりGarmin Fenix 6S常にこのように音楽を聴きながら走る

そして、以上の3つの状況の両方を一つのヘッドセットでカバーする上ではどのような用途(再生装置)で、他の用途(再生装置)に移行したときにどのようにスムーズに移行するか、もポイントになる。 もちろんスポーツを想定した防水対策汗性能があることは必須。 バッテリ寿命、充電のしやすさなどの一般的な使い勝手の良さもある&スポーツの使用感に影響を与えるものである。

また、音質については、今回はあまり重視しない。 作業用途では、人の声を聞くことができ、メインとなり、スポーツ用途では、騒音に囲まれた(またはノイズをあえて聞く必要がある)環境なので、繊細な音の違いまで聞き取れる必要が低いからである。 もちろん「重視しない」と言うだけであって、音の良さは、しっかりチェックしていこうとする。

完成度の高い骨伝導」AfterShokz OpenMove「マルチポイントサポート

AfterShokz OpenMove

「AfterShokz OpenMove “他の2つと異なり、完全ワイヤレスでもイヤホンでもなく、骨伝導方式を採用したワイヤレスヘッドセットである。 頭を後ろから挟み込むネックバンド型で、耳掛けこめかみあたり振動板を照らす聴覚神経に音を伝達する仕組み。 骨伝導で、耳をふさがずに使用することができていることが、やはり最大の特徴である。

右側に電源ボタンと音量調節ボタン

左の写真の指先で示し、灰色の部分は目立たないが、ボタンがある。音楽再生停止、スキップ、電話を受けるなどの各種操作が可能

頭の後ろで挟ん耳にかける

防水・防塵性能はIP55で雨や汗、汚れ等から保護が可能となっている。 コーデックは明らかになっていないが、使用しているチップと判断SBCとAACと思われる。 ネックバンド型なので、全体の無線イヤホンのような充電ケースではなく、USB Type-Cケーブルを直接接続充電する形。 動作時間は最大6時間となっている。

USB Type-Cの充電端子を備えている。ここで、ケーブルを差し込んで充電

ところが筆者は、これまでいくつかの種類の他の骨伝導タイプのイヤホン、ヘッドセットを試したことがありますが、正直に言うとあまり良い印象がない。 特に耳固定する際の微妙なさじ加減音の聞こえ方が大きく変わってしまう不安定性が気になっていた。 よく聞こえる位置にしようと思っての分離ところで、逆に安定位置にすると、ほとんど音が聞こえないだけ。

さらに、低音が完全に抜けたシャリシャリ音だったこともある。 自分の耳に合わないということかもしれないが、利用率が非常に限定されるんだというイメージしか持たなかったのだ。 しかし、このOpenMoveは、これまでの骨伝導画像を確認変えてくれた。

耳にかけるスタイルはされますが、位置調整はある程度自由度が最もよく聞こえ安定位置が簡単に探り当てできビシッと決定される。 サウンドにも中高音傾向だが、意外に低音も残っている。 一緒に耳栓を同時に使用すると、低音はより強くなり、少し子守唄気味ではあるが、全体的な音の透明度も底上げされる。

付属品には、耳栓もある。外部の音を聞く必要がなく、低音と全体の透明度を向上させたい場合は活用したい

人の声に聞こえる方法も自然で、オンライン会議も全く違和感なく会話が可能である。 耳を塞がないので、周囲の騒音は、声帯に入ってくるが、会議の取材の中では、約静かな自分の部屋であるため、子供たちが同じ部屋で騒いだりしない限り、聞き取り困難ではない。

オンライン会議で使用されている画像

相手の見た目。振動板の部分は厚いので、少し目立たが、気になるほどで​​はないかも

室内サイクリングとペダルを回すとき、チェーンの音とギアチェンジの音がほぼそのまま耳に入るので、動画の音声と音楽はかなり聞く難しい。 少しボリュームを大きく調整しておく必要がある。 ただし、途中で家族に話しかけことも耳から分離することなく、そのまま答えることができるのは、腐敗している。

室内サイクリングで使用されている画像

屋外ランニング時も周囲の音がよく聞こえるので、安定感が強い。 耳をふさが骨伝導特有の良さを実感する。 ランニングは近くを通る車の排気音とタイヤ騒音の音楽が正常に聞こえない場合は、より多いが、このあたりは安心・安全のトレードオフで仕方ないところだろう。

メガネやサングラスとの併用も問題なし

はさむ力が強化ということもあって、実行時の振動に反することはほとんどない。 汗をタオルで拭いてたびやすいので、その場合は、簡単にずれて聞こえなくなってしまうが、指で軽く戻すため面倒なとも思うこともないだろう。

しかし、こめかみ付近に圧迫は常に意識する。 頭の大きさに応じて考えたが、他の2つのインイヤータイプのイヤホンよりも使用時のストレスは大きい。 長時間のオンライン取材と頭痛が来る感じもあり、筆者としては、連続使用時間は1時間程度で停止したいとき。 だから1時間程度で終わる屋内自転車や屋外ランニングは許容範囲内であるが、それよりも長時間のオンライン会議取材での使用は、いくつかの避けたい。

一度長時間使用することは(筆者として)存在しないので、最大6時間というの稼働時間も十分だと思います。 ただし、全体のワイヤレスイヤホンと充電ケースにしまうのではなく、そのため、なんとなく「よく充電しない」という気持ちで作られる。 場合はネックバンド型というバッテリー容量を稼ぎやすい構造を利用して、稼働時間は、より長く保持くれるありがたかったかもしれない。

最後に一つ、他の二つの製品にはないOpenMoveの特徴は、2つのデバイスに同時に接続できる「マルチポイント」に対応している点は見逃せない。 現在は、一般的にマルチペアリングのように複数のデバイスを記憶していて(他のデバイスとの接続時に再度ペアリングの必要がない)だけでなく、マルチポイントでは、実際に複数台の接続を維持することができるようになる。

Windows PCとスマートフォンに同時に接続されている状態

例えば、音楽再生(または通貨)する装置で一旦再生停止した後、別のデバイスで再生を開始した音楽がすぐに聞くことになる。 ヘッドセット側で操作を行う必要はない。 今回言えばOpenMoveをPCとスマートフォンの両方に差込みPC上のオンライン会議を終えた後、すぐに室内自転車を一発キメ(スマートフォンで動画を見る)何もPC側のBluetoothをオフにしますする必要がなく、実にスムーズに切り替えることができいるのだ。

同時に接続することは、2つのなので、今回のようにPC、スマートフォン、スマート時計は3台の装置で活用するという条件と完全に満足させることができない。 しかしながら二だけの同時接続でと書き込みとしてはかなり違ってくる。 このマルチポイント機能だけで購入する価値があるのは、思うほどである。

それぞれ個性あふれるヘッドセット、どれを選ぶか

以上3つのヘッドセットを3つの目的のためにしようとした。 筆者が望む使い勝手をすべての状況で、1つのヘッドセットで完全に削除することは難しいが、最も重視したい用途は何なのか、どこを妥協するかなどを明確させるいずれかに絞ることができるようだ。

機能面では、自分の装着センサーとノイズ抑制機能、いつでもBoseサウンドを楽しむことができる「Bose Sport Earbuds」が魅力的。しかし、基本性能の高さと価格のバランスの面で見ると、「NUARL N6 mini」も選択的に有力である。 「AfterShokz OpenMove」は、長時間の使用を躊躇ところはあるが、骨伝導ヘッドセットとしての完成度マルチポイントサポートは非​​常に魅了される。

だからといってすべてを購入した後、再び区分になって原点に戻って行くことになるに違いない。 それぞれ個性のある、かなり苦しい3製品。 あなたが個人的にビビッときたものだったのだろうか。

READ  メルセデスベンツ、4ドアクーペ 'CLS "いくつかの改良で「MBUX」を標準装備 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close