エンターテインメント

日清パワーステアリング22年ぶり渡し特化型の無観客ライブハウスに一新(ORICON NEWS) – gooニュース

11月21日にオープン配信特化型ライブハウス「日清食品POWER STATION[REBOOT]”

(オリコンニュース)

次のバンドブームの1988年3月に開業、1998年6月に惜しまれつつ終了した東京新宿のライブハウス「NISSIN POWER STATION(日清パワーステーション)」が22年ぶりにREBOOT(再起動)されることが明らかになった。運営する日清食品が発表した。日本初の配信特化型ライブハウス「日清食品POWER STATION[REBOOT]”として11月21日にオープンする。

一度日清食品(現日清食品ホールディングス)の東京本社ビル(東京都新宿区)の地下で運営されていた約700人収容の「日清発電所」は、夜の中ロックできる「ロッキンレストラン “閉館まで10年の間に27公演を開催した忌野清志郎さんをはじめTHE YELLOW MONKEY(11)、井上陽水(6)、小田和正(6)、JUDY AND MARY(11)スピッツ(7)定性・ブラザーズ(17)Mr.Children(5 )、L ‘Arc〜en〜Ciel(5)、LUNA SEA(4)で1600組の総公演回数は3000回以上総動員数200万人以上の伝説のライブハウスで伝えられている。

日清食品は「ニューノーマルに変化が起きている今しかできない新しいエンターテイメントを提供したい」と22年の沈黙を破って、私は “日清パワーステーション」を、スマートフォンとPCで視聴する配信特化した無観客ライブハウスに変え「日清食品POWER STATION[REBOOT]”で一新させ、全席、神席日本初!音楽専門・配信専門無観客ライブハウス」のキャッチコピーを掲げた。

元開発プラットフォームは、ステージに設置した透過型LEDバックライトパネルとLEDフロアパネルに視聴者のチャットが映し出され、ファンのカロリーをアーティストに渡すことができます。投げ銭タイプのチャットを送信するときのオプション「ウルトラチア」を使用すると、ライブで夜光棒を振って歓声を送るように盛り上げることができ、配信ライブでありながら、まるで実際の会場にいるような「参加する」「この体験できるとしている。

また、東京本社に新たにインストールする手順と同じように、仮想空間にCGで作られて、VTuberがモーションキャプチャスタジオで「日清食品POWER STATION [REBOOT]「舞台に出演することも可能である。 VTuberやアニソン歌手、ボーカロイドPなど多様なジャンルの音楽に接することができるライブハウスが誕生する。

こけら落とし3DAYSライブは11月21日西川貴教を皮切りに22日VTuber星水性23日メディアミックスを展開する次世代ガールズバンドプロジェクト「BanG Dream」で5人組声優バンドPoppin’Partyが伝達ライブを行う。その後も物理から仮想に「次元」を超えたアーティストのライブを伝えていく。

グランドオープンに先立ち、8日にはプレイベント「日清食品POWER STATION[REBOOT]vol.ZERO〜チケット発売直前スペシャル〜」(後7:30〜8:15)を実施することに決定した。 実際のスタジオの社会は声優徳井青空ゲストはSTU48(中村ダンス、兵頭あおい福田首里田中皓子、中廣弥生田口玲佳)、VRスタジオの社会は、白の吹雪のゲストは、星街水性そして、トークとライブなどを広げる。

READ  フジ系新旧ドラマのお宝映像が公開上野樹里は「のだめ」秘話言う| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close